東京2020大会アイコニックポスター、野老朝雄・GOO CHOKI PARに決定

share

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は22日、東京2020大会を象徴する「アイコニックポスター」として野老朝雄氏(美術家)、GOO CHOKI PAR(グラフィックデザイナー)が制作したポスターが選定されたと発表した。野老氏はオリンピック、GOO CHOKI PARはパラリンピックをテーマに制作していた。

今大会では、公式アートポスターとして国内外のアーティスト19組により、オリンピックをテーマとした12作品、パラリンピックをテーマとした8 作品が制作されている。今回のアイコニックポスターはこの中から1点ずつ選ばれた形だ。

東京2020オリンピック アイコニックポスター

野老氏は東京2020エンブレムを制作したほか、先日発表された表彰台なども手がけている。多様性と調和のメッセージを込めた東京2020エンブレムの組市松紋をコンパスと三角定規を使って自分の⼿で描いた。「藍⾊に白地でエンブレムを描いたこのポスターは、次の世代に⼿渡すバトンです。オリンピック史上で大きな意味を持つであろう東京2020大会を象徴する一枚として、後世に繋がっていくことを願っています」とコメントしている。

東京2020パラリンピック アイコニックポスター

GOO CHOKI PARは石井伶氏、飯高健人氏、浅葉球氏の3人のグラフィックデザイナーから成るデザインユニット。作品の意図について「パラアスリートたちが前を向き挑み続けるその強い意志をこのポスターに描いた。人々の情熱は止められない。それはいつの時代も変わることなく受け継がれてきた人類の希望である。東京2020大会のために制作したこのパラリンピックポスターが、いまこの時、そして時代を超え、少しでもアスリートの皆さんを鼓舞するものとなれば嬉しい」と説明している。

アイコニックポスターは国際オリンピック委員会(IOC)会⻑が1点を選定し、ローザンヌにあるオリンピック博物館に収蔵される。国際パラリンピック委員会(IPC)は、これまでパラリンピック大会ではアイコニックポスターを選定していなかったが、東京2020大会で初めて選定した。

ポスターは今後、公式ライセンス商品としても発売する予定。6月23日から10月3日まで日本オリンピックミュージアムで開催される「Tokyo 2020 Olympic and Paralympic ART展−みんなが描くオリンピック・パラリンピック−」では、アイコニックポスターおよび東京2020 公式アートポスターの全作品が展示される。

公式アートポスターを手がけた国内外のアーティスト19人は以下のとおり(敬称略)。各作品は東京2020 公式サイトでも公開されている。

「オリンピック」テーマ作品(12人)

浦沢直樹(漫画家)
大竹伸朗(画家)
大原大次郎(グラフィックデザイナー)
金澤翔子(書家)
鴻池朋子(アーティスト)
佐藤卓(グラフィックデザイナー)
野老朝雄(美術家)
ホンマタカシ(写真家)
テセウス・チャン(アートディレクター)
クリス・オフィリ(アーティスト)
ヴィヴィアン・サッセン(写真家)
フィリップ・ワイズベッカー(アーティスト)

「パラリンピック」テーマ作品(8人)

荒木飛呂彦(漫画家)
柿沼康二(書家)
GOO CHOKI PAR(グラフィックデザイナー)
新木友行(アーティスト)
野老朝雄(美術家)
蜷川実花(写真家・映画監督)
森千裕(美術家)
山口晃(画家)

Follow Us