ブラウザーで手軽にAR コンテンツをパッケージ提供 アクア

share

デジタルコンテンツ制作事業を手がけるアクアは7月1日、Webブラウザー上で動くAR(拡張現実)技術を用いたコンテンツパッケージ8種の提供を始めた。ゲームやアニメの世界を体験できるもの、キャラクターと一緒に写真を撮り、ソーシャルメディアへ投稿できるものなどがある。

世界でのARやVR(仮想現実)関連の市場は伸長している。経済産業省『令和2年情報通信白書』所収のInformaの調査によると、2020年の世界のAR/VR関連ソフトウエアやサービスの支出は11億7000万ドル。22年には16億7000万ドルへ増加する(いずれも予測値)。

一方、マーケティング・コミュニケーションにおいては、「ARを導入してみたいが何をすればいいかわからない」「費用面に不安がある」といった声が寄せられたことから、今回のパッケージ提供に至った。

アクアによると「新型コロナウイルス感染症の拡大でイベントが開催できない中、ARに視線が集まっている。SNSの活性化という課題を解決するべく、8種いずれも顧客企業からの要望や反響が大きく、人気のあるコンテンツを厳選した」という。

「ゲーミングAR」(写真左)は、スマートフォンのWebブラウザーアプリでマーカーを読み取ると、ゲームコンテンツが起動するユーザー参加型コンテンツ。クーポンなどのインセンティブが配布できる。「キャラフォトAR」(同右)は、スマホをマーカーにかざすと、予め設定したキャラクターやタレントが登場。擬似的に「記念写真」が撮影できる。

株式会社アクア
〒104-0045
東京都中央区築地2-11-24 第29興和ビル5階
URL:https://www.aqua-web.co.jp/service/interactive/
お問い合わせ:https://www.aqua-web.co.jp/contact/

Follow Us