資生堂、新会社設立へ クリエイティブ本部を分社化

share

資生堂は2022年1月1日付で、広告・宣伝や化粧品のパッケージデザインなどを手がける100%子会社として「資生堂クリエイティブ株式会社」を設立する。

クリエイティブ本部を分社化する。同本部は、資生堂の福原信三初代社長が1916年に設立した意匠部が出自。ポスターやパッケージなどのデザイン、宣伝・広告の企画担当部門を担う部門として、宣伝制作部、宣伝・デザイン部などの改称を経て、2018年1月1日からクリエイティブ本部となった。近年は経営やマーケティング課題にも担当領域を広げてきていた。

資生堂の象徴「花椿」。1916年に意匠部を立ち上げた福原信三・初代社長が起案し、グラフィックデザイナーの山名文夫氏が完成させた

2023年度までの中期経営計画に掲げた「ブランドを強くするマーケティング革新と組織強化」の一環。新会社では独自の人事制度を導入する予定で、外部クリエイターとのコラボレーションや、グローバル人材の採用を強化する。

Follow Us