100人のデザイナーが創作「みらいパッケージ展」9月に渋谷で開催

日本パッケージデザイン協会は9月17日から、創作展「みらいパッケージ展-100人が描くこれからのパッケージデザイン展-」を渋谷ヒカリエ 8/CUBEで開催する。会期は29日までで、入場無料。

今回展示されるのは、「『みらいのパッケージ』を制作する」というお題のもと、6つのテーマから任意で選択し、これからの「みらい」を想像してデザイナーが創作したパッケージの数々。

6つのテーマは「不思議なみらい」「美しいみらい」「賢いみらい」「たくましいみらい」「楽しいみらい」「やさしいみらい」。新型コロナウイルスの流行によって価値観が変化するなか、「みらい」の未知の可能性を込めてデザインされた。

テーマ:不思議なみらい
「人生」小川裕子(小川裕子デザイン)

テーマ:賢いみらい
「ミライタマゴ」髙尾保須子(タカオデザイン事務所)

テーマ:賢いみらい
「ディストピアなパッケージ」真野元成(GKグラフィックス)

テーマ:楽しいみらい
「みらいの葉書/封書」岡田益美(ナリス化粧品)

テーマ:やさしいみらい
「commot(コモット)」大嶋茉里奈(小川裕子デザイン)

日本パッケージデザイン協会では2016年に「日本を包む」展、2018年に「感じるパッケージ」展を開催しており、一連のシリーズ企画の最終回となる。9月17日には、この3回の創作展の作品をまとめた書籍を協会の60周年記念として発刊する。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事