朝日新聞に、のび太からファンへの「ドラえもんサプライズ誕生日会」招待状

share

8月30日、朝日新聞の朝刊に、ひらがなで「しょうたい状」と書かれた広告が掲載された。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

実はこの広告、9月4日(土)18時56分からテレビ朝日系で放送される番組「ドラえもん 誕生日スペシャル」の告知として掲載されたもの。その内容は、主人公であるのび太からファンに向けて送られた「ドラえもんサプライズ誕生日会」の招待状になっている。「ドラえもんにはナイショだよ」とのび太の手書き風文字で書かれた招待状には、参加・不参加、ドラえもんへのメッセージが書くことができる。

「思い出が多くなかったであろう今年の夏。子どもたちにささやかなイベントを届けたいという想いがこの企画の起点です。『番組を見てもらう』ではなく『誕生日会に参加してもらう』という考え方のもとアニメの中で開催される誕生日会の招待状がのび太くんから届くという企画です」と、企画をてがけたクリエイティブディレクター 星聡宏さん。
        
特設サイトでは、ドラえもんサプライズ誕生日会の招待状がダウンロードできるようになっている。新聞、またはダウンロードした用紙に参加・不参加とドラえもんへのメッセージを記入して「#ドラえもんにはナイショだよ」と「@doraemonChannel」の2つを付けて、Twitterに投稿すると、のび太から「おへんじありがとう!」というメッセージが返ってくる仕掛けだ。

また、当日放送される中編『どら焼きが消えた日』は、「サプライズ誕生日会」の招待状ともストーリーがつながっている。そのため、ファンは誕生日会の招待状が送られてきたメンバーとして、一緒にドラえもんのお祝いをすることができる。子ども・大人関係なく、すべてのドラえもんファンが参加可能なキャンペーンになっている。

8月30日朝、新聞が各家に届いてからは、Twitter上で早速「参加します」という声が続々と上がっている。

スタッフリスト

企画制作
藤子・F・不二雄プロ+ADKエモーションズ+ADKクリエイティブ・ワン
CD+C+企画
星聡宏
AD+企画
根本高明
アクティベーションディレクター
松本真悟
エグゼグティブPr
赤津一彦(藤子プロ)
プロジェクトPr
吉田健司(藤子プロ)、天野翔一朗、中村快

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us