パラ開催に合わせ日本橋の街を「多彩な赤色」で装飾、選手団にエール

share

三井不動産と日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会は8月24日から、東京2020パラリンピック競技大会に合わせ、日本橋・室町エリアで「日本橋シティドレッシング for TEAM PARALYMPIC JAPAN」を実施している。期間は9月5日まで。

シティドレッシングとは、商業施設の壁面など活用して街全体を飾り付ける取り組み。今回は東京2020ゴールド街づくりパートナーである三井不動産がパラリンピック選手にエールを送るために、三井本館、日本橋三井タワー、COREDO室町1~3・同 テラス・同 日本橋などに装飾を施している。

「コロナ禍で迎えたパラリンピック。さまざまな不安を抱える中で競技に挑まなければいけないアスリートに向けて、”今できる”最大限のエールを送れないかと考えました。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ならびに大会に出場するアスリートを支え続けてきた三井不動産とともに、街全体を使ってエールを送る本企画を計画。街を起点にすることで世の中に応援機運を醸成し、少しでも多くの方の興味を掘り起こし、さらに巻き込みながら、選手団に熱いエールを送る試みです」と、電通 コミュニケーションプランナーの加我俊介氏は説明する。

ビジュアルで象徴的に用いられているのは、黄みや青みを帯びたものも含む「多彩な赤色」。また東京2020パラリンピックの日本代表選手団が掲げるスローガン「超えろ、みんなで。」にちなみ、総勢81人の選手が登場するビジュアルは圧巻だ。

「パラリンピック日本代表選手団を応援する強いシンボルとして、“多彩な赤色”の日の丸を用いて表現しました。赤をひとつの色に決めず、さまざまな赤が、重なり、交わり、調和することで新しい赤になる。一人ひとりの個性を活かして試合に挑む選手のみなさんをイメージした、日本代表の表現を目指しました」(電通 アートディレクター 今井祐介氏)。

登場している選手は下記の通り。
〈アーチェリー〉岡崎愛子〈陸上競技〉白砂匠庸、前川楓、山﨑晃裕〈バドミントン〉今井大湧、梶原大暉、里見紗李奈、鈴木亜弥子、藤原大輔、村山浩、山崎悠麻〈ボッチャ〉廣瀬隆喜〈カヌー〉加治良美〈自転車競技〉川本翔大、杉浦佳子、藤井美穂、藤田征樹〈馬術〉稲葉将、高嶋活士、吉越奏詞〈5人制サッカー〉寺西一〈ゴールボール〉欠端瑛子、天摩由貴、若杉遥〈柔道〉廣瀬順子、小川和紗、半谷静香、藤原由衣〈ボート〉市川友美〈射撃〉佐々木大輔、水田光夏〈水泳〉井上舞美、木村敬一、芹澤美希香、辻内彩野、東海林大、富田宇宙、中島啓智、成田真由美、西田杏、福井香澄、山口尚秀、山田拓朗、由井真緒里〈テコンドー〉太田渉子、工藤俊介、田中光哉〈トライアスロン〉土田和歌子〈卓球〉井上全悠、岩渕幸洋、竹内望、友野有理〈シッティングバレーボール〉赤倉幸恵、小方心緒吏、長田まみ子、菊池智子、住友美紀子、竹井幸智恵、田中ゆかり、西家道代、藤井順子〈車いすバスケットボール〉網本麻里、清水千浪、萩野真世、藤井郁美、柳本あまね、秋田啓、川原凜、香西宏昭、鳥海連志、豊島英、藤本怜央〈車いすフェンシング〉藤田道宣、加納慎太郎〈車いすラグビー〉池透暢、倉橋香衣、島川慎一、中町俊耶、乗松聖矢、羽賀理之〈車いすテニス〉菅野浩二

スタッフリスト

企画制作
電通、たきコーポレーション
CD
田中直基
コミュニケーションプランナー
加我俊介
C
三島邦彦
AD
今井祐介
D
高木紳介、森本一平、鈴木裕介、冨ヶ原由季
CPr
鈴木夢乃
フォトPr
小川智勝、藤原智洋
撮影
辻本浩太郎、NAITO
レタッチ
磯崎大介、吉岡妙、横山睦
CAS+CRD
名古桂士、浅原満明、伊藤真吾
PRディレクター
濱村裕也
PRプランナー
早瀬魁人、須田あかり
AE
北澤義之、河津賢次郎、渡具知さなえ

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us