次世代アーティスト参加型企画が始動 第一弾はTHE FIRST TAKEとコラボ Next Creative Challenge Project

share

月刊『ブレーン』では創刊60周年記念プロジェクトの一環で、「次世代アーティスト参加型クリエイティブ制作企画」を始動した。第一弾では人気YouTube チャンネル「THE FIRST TAKE」とコラボ。
富士フイルム“チェキ”「instax mini 40」とのタイアップを実施し、新たな共創の場を生み出した。

「一発撮り」を共通項にコラボアーティストとの共創プロジェクト——THE FIRST TAKE STAGE

YouTube上で2019年にスタートした音楽チャンネル「THE FIRST TAKE」が2020年、新たにオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」を始動した。今回は「一発撮り」を共通項とし、富士フイルムのインスタントカメラ“チェキ”「instax mini 40」とのタイアップも実施。月刊『ブレーン』のプロデュースのもと、どのようなクリエイティブが生まれたのか。

自分の人生を、自分らしく表現する一発撮りのパフォーマンスを評価

「THE FIRST TAKE」は、「一発撮りで音楽と向き合う。」をテーマに2019年11月にスタートしたYouTubeの音楽チャンネルだ。白い壁の前に1本のマイクがセッティングされたシンプルな空間で、さまざまなアーティストが“一発撮り”のパフォーマンスを披露する。チャンネル登録者数は約500万人(2021年9月現在)。その内、海外からのチャンネル登録者が約3割を占める。

週2回のペースで新たなコンテンツが公開されており、これまで参加したアーティスト数は100組以上。180曲超のコンテンツを公開し、ヒットを生み出す新たなプラットフォームとしても機能してきた。ちなみに、第1回の配信はadieu(上白石萌歌)の『ナラタージュ』。中にはLiSA『紅蓮華』、DISH//(北村匠海)『猫』、YOASOBI『夜に駆ける』など1億回再生を超えるパフォーマンス動画もあり、多くの人が幾度も目にしたことがあるだろう。

広告業界でもこの「一発撮り」という枠組みや映像のクオリティが高く評価されており、国内外の広告関連アワードを受賞。清水恵介さんがクリエイティブディレクターと映像ディレクターを務めている。

こうして新たなエンターテインメントのムーブメントを構築してきた「THE FIRST TAKE」だが、2020年に初となる一発撮りオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」をスタート。コロナ禍であらゆる活動が制限される中、まだ世に出ていない若き才能との出会いの場を創出する。

選考のポイントは「一発撮りのパフォーマンスを通して、自分の人生を、自分らしく表現できていること」。審査員には音楽プロデューサー/ベーシストの亀田誠治さん、ベーシストのハマ・オカモト(OKAMOTO’S)さんらを迎えた。2020年11月に募集が始まり、全国から集まったパフォーマンス動画の中から1次(書類/動画)選考・2次(オンライン)選考を経て、3次(対面)選考を勝ち抜いたセミファイナリスト(3次選考通過者)14組のパフォーマンスを「THE FIRST TAKE」上に公開。さらに6月26日にはセミファイナリスト14組の中から4次(動画)選考を通過したファイナリスト4組が発表され、7月には応募総数約5000組の中からグランプリが決定した。

選ばれたのは、鹿児島県出身で20歳のシンガーソングライター 麗奈さん。等身大かつ独創的な表現で描く歌詞、そして、聴く人を一瞬で自身の世界へと引き込む繊細な歌声が評価された。グランプリ受賞者は「THE FIRST TAKE」への出演権の獲得とともに、「THE FIRST TAKE」での歌唱楽曲が配信専門レーベル「THE FIRST TAKEMUSIC」からデジタル配信される。

「instax」ブランドとの親和性

今回、月刊『ブレーン』(発行:宣伝会議)では、この「THE FIRST TAKE STAGE」とともに、次世代アーティスト参加型クリエイティブ制作企画に取り組んだ。その実験的な共創クリエイティブの第一弾として、富士フイルムのインスタントカメラ“チェキ”「instax mini 40」とコラボレーションした。

「instax」シリーズは1998年に初代モデルを発売。100以上の国・地域で発売している。この20年でカメラ付きのモバイル端末が普及したが、“撮り直しができない=一発撮り”であることの価値が高まっているブランドでもある。中でも「instaxmini 40」はトレンドに左右されないクラシックなデザインで、どんなスタイルにも合わせやすい「instax」シリーズのエントリーモデルだ。「instax mini 40」を通して、「それぞれ異なる個性を自分らしく、ありのまま表現してほしい」という想いを込め、「Give your take.(ジブン、見せつけてやれ。)」というメッセージを展開してきた。

つまり音楽、写真の分野でそれぞれ「一発撮り」というコンセプトを持ち、なおかつ若者たちの“自分らしさ”の表現を応援している両ブランドが共鳴し合う形で本プロジェクトが実現した(図1)。

図1/次世代アーティスト参加型クリエイティブ制作企画

今回制作されたのは、1本のスペシャルムービー。麗奈さんが自身のグランプリ受賞を知った瞬間から「THE FIRST TAKE」に出演しマイクの前に立つまで、人生で一度しかない貴重な時間やリアルな心情をチェキプリントで表現するストーリーを通じて、「instax mini 40」の魅力を伝えている。

冒頭には、「THE FIRST TAKE STAGE」でファイナリストに選ばれた4人が登場。グランプリ発表の瞬間を経て、麗奈さんには「THE FIRST TAKE」への招待状と「instax mini 40」が手渡される。早速、撮影を楽しむ麗奈さん。地元・鹿児島の街を歩きながら、週末に路上ライブをしていた商店街、お気に入りの公園などを巡り、思い出を手繰り寄せながら大好きな景色を写真に収めていく。やがて「その瞬間は一度きりしかやって来ない」というナレーションとともに、「THE FIRST TAKE」撮影当日の場面に。楽屋でのメイクの風景、自らの緊張した面持ちなど「一度きりの今」を撮影したチェキが次々と映し出される。ついに場面は、「THE FIRST TAKE」のステージへ。自身の楽曲『僕だけを』を歌い、「一生を変える一発撮り」に臨む。その傍らには「instaxmini 40」があった⸺。

スペシャルムービーの制作にあたり、「THE FIRST TAKE」チームで最もこだわったのは「プロモーション要素が強くなりすぎて、ブレないこと。アーティストの皆さんのリアリティ、ドキュメンタリー性を追求すること」。参画した富士フイルムのチームとともに、何度も議論を重ねてコンテンツを制作した。完成した動画は特設WebサイトとinstaxのSNS公式アカウントにて公開。さらに東京メトロの主要10駅構内にあるデジタルサイネージ(6月下旬~8月下旬)、イオンシネマ95劇場のシネアド(8月中旬)で放映された。

月刊『ブレーン』では今後も、次世代アーティストの発掘につながる共創クリエイティブの制作に取り組んでいく。



「“チェキ”instax mini 40×THE FIRST TAKE STAGE」スペシャルサイトを公開中。
URL:https://instax.jp/thefirsttakestage/

次ページ 「主役はあくまでアーティスト コンセプトに共鳴し生まれたコラボ——富士フイルム」へ続く

Follow Us