『冷やして食べるパン』の八天堂 駅ナカ出店やコラボで露出する場を拡大

share

冷やして食べるパンのパイオニア的存在であり、広島県から全国に広がった八天堂の「くりーむパン」。誕生以来、広告宣伝をほとんど実施してこなかった「くりーむパン」は、どのように注目を集めてきたのか。企画開発部の串岡章史氏が同社の歴史をもとに振り返る。

昭和8年に広島県三原市で創業した八天堂は、和菓子屋、洋菓子屋と続き、3代目代表取締役社長の森光孝雅氏がパン屋を開業。和菓子・洋菓子屋時代のノウハウを生かしつつ、“冷やして食べるくりーむパン”という独自の商品が誕生した。
口コミで広まっていった八天堂の「くりーむパン」は…

>>>続きを読む(宣伝会議デジタルマガジンを開きます)

Follow Us