顧客を『シェア』し強固なつながりをつくる COEDOのコラボ事業に迫る!

share

クラフトビールブランドCOEDO(コエド)は、コミュニティ運営や商品、イベント企画を実施する団体、LIFE IS ROSEとのコラボレーション商品「LIFE IS ROSE ALE」の開発を着手。8月12日よりMakuakeにて限定販売を開始した。これまでにも多くのコラボレーション企画を実施してきた同社の考えを、代表取締役社長の朝霧重治氏が話す。

埼玉県川越市を拠点にクラフトビールを製造・販売する協同商事コエドブルワリーは、同社のCOEDOブランドにて、「ひとりひとりがバラ色の人生を歩める社会をつくる」をミッションとするコミュニティ運営団体、LIFE IS ROSEとのコラボレーションを実施。

「本気で語り合うきっかけをつくる」をコンセプトに、Makuake限定商品として、「LIFE IS ROSE ALE」を企画し、8月12日より応援購入受付を開始した。

「LIFE IS ROSE ALE」には、埼玉県深谷市に農園を持つROSE LABOが生産する無農薬食用バラ(エディブルフラワー)が使用され、バラの華やかな香りが感じられる仕上がりを目指している。

>>>続きを読む(宣伝会議デジタルマガジンを開きます)

Follow Us