台湾カステラ味のジュースにお湯の販売!? チェリオの独自路線商品

share

コモディティ化する飲料業界の中で、他社とは一線を画した独自路線の商品開発を行っているチェリオコーポレーション。ユニークな商品を生み出す同社の考えの基軸とプロモーション戦略について、マーケティング課の高田梓氏に聞いた。

チェリオコーポレーションは8月30日、なめらかでふわふわとした食感で人気を集めている「台湾カステラ」をイメージした「台湾カステラソーダ」を発売した。

本商品は、焼き立ての香ばしい台湾カステラを飲料で再現するため、封を開けると、台湾カステラを焼いた時にふわっと立ち上る卵の香りを感じられるほか、一口食べた時の「ふわふわ・しゅわしゅわ」感を、やさしく弾ける炭酸で表現。甘いもので一息つきたい時にぴったりの「飲めるスイーツ」となっている。

同社では過去にも、このような独自路線の商品を多数開発。2019年には醤油にしか見えないオレンジジュース「なんちゃってオレンジ」、2020年には、マヨネーズそっくりの「なんちゃってクリームソーダ」を販売し、SNSなどで話題となった。

>>>続きを読む(宣伝会議デジタルマガジンを開きます)

Follow Us