白身のお寿司からアイスクリームまで? 料理で選ぶ「大好物醤油」が店頭で話題に

share

食に合わせた醤油を提案する。全国各地の醤油蔵の多様な銘柄それぞれに、その醤油に合う料理のパッケージを付け、自身の「好物」から醤油を選ぶ新たな提案をする「大好物醤油」。職人醤油 代表の高橋万太郎氏と本プロジェクトにかかわる博報堂のメンバーに、店頭を基点に話題を広げる同ブランドの戦略を聞いた。

左から吉田 汀氏(博報堂)、小野田慶祐氏(博報堂)、高橋万太郎氏(職人醤油)、小泉和信氏(博報堂)、天畠カルナ氏(博報堂)、吉田尚也氏(博報堂)。

小泉:「大好物醤油」は、醤油の新たな選び方を提案するプロジェクト。24種類の料理イラストをパッケージに表示しており、「餃子」「焼き魚」など“大好物”に合わせて醤油を選べます。本企画は私が職人醤油の代表、高橋さんに自主提案をしたことからスタート。日本に1000以上ある醤油メーカーの多様性を生活者に伝え、人と醤油の出会いのきっかけをつくれないかと考えていました。

高橋:小泉さんには最初、20案ほどの提案をいただきました。どれも素晴らしかったのですが、もう1歩、何かが噛み合うとよりよくなると感じ、「一緒に醤油蔵を回りませんか?」と提案したのです。

小泉:当初は、一般の人に醤油の銘柄を伝えてもわからないと考え…

>>>続きを読む(宣伝会議デジタルマガジンを開きます)

Follow Us