誰かを想う日がやってくる。日本郵便「手紙の部屋」シリーズ第4弾は大竹しのぶさん出演

share

日本郵便は11月1日より、芦田愛菜さんと大竹しのぶさんが出演する新TV-CM「手紙の部屋 年賀状」篇(60秒1種、30秒1種、15秒2種)を、全国で順次放映開始した。新テレビCM「手紙の部屋 年賀状」篇は、手紙ナビゲーターの芦田さんがゲストと共に手紙を通じて大切な人を想うドキュメンタリータッチのテレビCMシリーズ「手紙の部屋」の第四弾にあたる。

手紙の部屋 年賀状篇D(60秒)より。

日本郵便では2021年度、「誰かを想う日がやってくる。」をキャッチフレーズに掲げ、「誰かを想う日には、手紙を贈り物にしてほしい」というメッセージを込めたコミュニケーションを行っている。2021年4月より公開のテレビCM「母の日」篇を皮切りに、女優の芦田愛菜さんを「手紙ナビゲーター」として起用。その後「誕生日」篇、「敬老の日」篇と、さまざまなゲストのパーソナルな「大切な人への想い」を引き出し、現代において手紙を贈ることの価値や意味を共に考えてきた。

【関連記事】日本郵便新CMシリーズ「手紙の部屋」開始、芦田愛菜とハマ・オカモトが「母の日」の手紙をしたためる

今作では、窓の外で雪が降り積もる冬の「手紙の部屋」で、芦田さんと大竹さんが年賀状を書く。これまでに引き続き、1テイク12分間という、CM撮影としては異例の長回し手法で撮影されており、芦田さんと大竹さんの自然な会話の中から、大切な人とのつながりを感じることのできる年賀状の魅力が伝わってくる映像となっている。

手紙の部屋 年賀状篇D(60秒)より。温かい言葉で年賀状の魅力を語り合い、それぞれの大切な人を思い浮かべながら年賀状を書く二人。書き上げた年賀状を持って、「愛菜ちゃんにも出しますね」「私も出します!」と笑い合う。

また「手紙の部屋」特設サイトでは、大竹しのぶさん、おいでやす小田さん、赤楚衛二さん、生見愛瑠さん、近藤千尋さんが出演するWeb動画を公開。芦田さんからの「2021年、今年を振り返ったとき、あなたはだれを思い浮かべますか」という投げかけに5人が応じた、インタビュー形式の動画だ。

大竹さんは「お疲れさまと伝えたい人」・「来年こそ会いたい人」へ、小田さんは「たくさん一緒に過ごした人」・「心配かけた人」へ、赤楚さんは「お礼を言いそびれた人」・「これからも仲良しでいたい人」へ、生見さんは「支えてくれた人」・「叱ってくれた人」へ、近藤さんは「ピンチから救ってくれた人」・「新しく知り合った人」へ。5人それぞれが相手を思い浮かべながら、年賀状を書き上げていく様子を撮影した。
 

スタッフリスト

<「手紙の部屋 年賀状」篇A~D>

企画制作
博報堂+SIGNING+AOI Pro.+onehappy
CD
清水佑介
CD+C
野澤幸司
AD
小杉幸一(onehappy)
P
吉兼啓介
AE
船山信吾、角田知義、龍田洋佑、秋山洋大、貝田岳大、保科宗一朗(以上博報堂)
Pr
山田博之、久松真菜
PM
石黒大佑
D
大野大樹
撮影
重森豊太郎
照明
大竹均
アートデザイナー
花崎綾子
ST
浜松あゆみ(芦田愛菜)、石田節子(大竹しのぶ)
HM
久慈拓路(芦田愛菜)、新井克英(大竹しのぶ)
音楽
山田勝也

 
<Web動画「今年を振り返る時、思い浮かべる人」全11篇>

企画制作
サイニング+博報堂+博報堂プロダクツ
CD
清水佑介、相沢理人
AE
船山信吾、角田知義、秋山洋大、貝田岳大、保科宗一朗
統括Pr
井口将人、髙橋俊家、神戸詩門
映像Pr
岩田龍
PM
秋山涼子
ディレクター
中嶋駿介
C
有冨悠
AD
藤田奈々子
撮影
大木雄介
照明
菊池直輔
美術
鳴滝良弘
音楽
ヒラサワンダ

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us