メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

大阪中之島美術館が2月開館 地図記号のようなNマークと「中之島フォント」

share

2022年2月、大阪市内に新たな美術館「大阪中之島美術館」がオープンする。このVIを手がけたのが、direction Qの大西隆介氏だ。

公募により選出されたもので、美術館の建物の黒い外観と中之島の「N」を重ねたシンプルな地図記号のようなマーク、そしてオリジナルでデザインされた書体「中之島フォント」によって構成されている。

 
独自の書体を用いたのは、耐久性を高めて美術館のアイデンティティを高めていこう、という狙いがあってのこと。平体がかった書体で、ロゴでは各単語の頭文字「N」「M」「A」が横長になっている点も特徴的だ。

 
2020年3月にロゴが公開されて以降、「書体がかわいい」といった声も多いそう。「シンプルな黒いNのマークがどっしりとして存在感があるので、ロゴはその対比で親しみを感じてもらえるように。実際、美術館の北側には芝生広場があり、1階には自由に行き来できる吹き抜けのパッサージュ(通路)もある。これらが相まって“人や文化が交差する公共的な場所”を象徴するようなVIを目指しました」(大西氏)。

このVIから派生する形でWebサイトやモーションロゴなどを発表してきたが、開館に向けて、メンバーシップ会員証、館内案内、ミュージアムグッズなどの制作が目下、進められている。

 
開館と同時に始まる企画展「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―」(2022年2月2日~3月21日)のメインビジュアルも大西氏が手がけており、中之島フォントが大胆にあしらわれている。「こけら落としの企画展なので、その告知だけでなく、VIの使い方のお披露目も兼ねたビジュアルに仕上がりました」。

 
今後のアイデアとしては「マーク自体が立体になって、椅子や本棚のような家具ができたら面白い」と話す。

「黒い立方体で構成するというルールさえ守っていれば、大阪中之島美術館のアイデンティティになる。シンプルな要素で構成されているので、モノグラムのような模様にもなるし、いかようにも展開できるはず。自由にアイデアを実現できて、単一のイメージにとどまらない美術館であるとVIの在り方からも感じてもらえたら嬉しいですね」。
 

スタッフリスト

企画制作
direction Q
AD
大西隆介
D
椙元勇季

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us