日産、顧客ID一元化へ 新車ネット販売開始で

share

日産自動車は11月末、グループ各社のWebサービスなどの会員IDを一元化した「NISSAN ID」を開始する。新車のオンライン販売のスタートに併せて運用を始める。IDの統合には、日産グループ各社のサービス利用状況を横断的に把握し、個々のユーザーの需要に合わせた提案ができるようになるほか、個人情報の管理などのコストを抑えられるメリットもある。グループではグッズを販売するオンラインショップやレンタカー、カーリースをはじめとした会員基盤がある。

「日産アリア」 B6(66kWh、2WD)

オンライン販売では、商談や契約、注文までをすべてインターネット上で完結させる。商談を経ずに注文したり、契約したりすることもできるようにする。車両登録や納車に必要な書類の提出、入金などの管理のほか、製造中の動画など購入者限定のコンテンツが閲覧できるサービスも開始する。

クルマのオンライン販売は新型電器自動車(EV)「日産アリア」を皮切りにスタートさせる。標準モデルの発売は2022年3月下旬で、価格は税込み539万円から。先行して開始した限定車の予約注文は11月12日時点で、約6800台を数えた。

米国で先行してスタートさせたオンライン販売サイト「NISSAN@HOME」

日産自動車は昨年6月、見積もりや試乗、購入プランなどを販売店を訪れなくても相談できる「オンラインチャット」サービスを開始していた。また同年12月には米国でオンライン販売サイト「NISSAN@HOME」をスタート。先行してオンラインで購入を完結できるサービスを提供している。

Follow Us