「移動を思い出に変化する」Hondaアプリ「RoadMovies」が、新機能満載で復活

share

本田技研工業(以下 Honda)は、スマートフォン用動画作成アプリ「RoadMovies+(ロードムービーズプラス)」を11月24日にリリースした。

「RoadMovies+」は、短い動画撮影と簡単操作で映画の様なショートムービーが作成できるスマートフォン用アプリ。これはHondaがインターナビ「dots by internaviプロジェクト」の一環として2012年にリリースし、490万ダウンロードを記録して大ヒットしたアプリ「RoadMovies(ロードムービーズ)」をさらに進化させたものだ。

このアプリを新たなかたちで復活した背景を、開発チームは「“移動を思い出に変換する“という価値が今の時代こそ非常に大切だと感じました」と話す。自由に好きなところへ移動できた今までの生活から大きな変化があったこのタイミングこそ、改めてHondaとして“移動の大切さ”を感じ楽しんでほしいと思い、リリースを検討し始めたという。
「今では動画作成アプリはたくさん世に出ており、機能も充実し、細かく編集することができる一方で、気軽に作ることが難しい。そこで機能もシンプルで制約があることで気軽に動画を作れるアプリが良いと感じました。またHondaとしては、やはり車やバイクなど製品に限らない形でより多くのお客様と繋がっていきたいと考え、今でも多くのファンに愛されているRoadMoviesしかないな、と思いました」(本田技研工業モビリティサービス事業本部)

最初にリリースした2012年から2013年にかけては、iPhoneが世の中で爆発的に普及していった時期。当時、「RoadMovies」はInstagramによって一般化し始めていたレトロカメラや映画風の多様なフィルターをいち早く動画の世界に持ち込んだ。そして、あえて1秒〜3秒の映像の連続という制約を設けたことで、誰が撮ってもロードムービー風の動画が生成できるという容易さが多くの人に受け入れられた。また本アプリは無料・無広告で、プッシュ型のプロモーションも一切行わなかったため、オーガニックにユーザー同士のリアルな口コミを通じて広がっていったのである。モデルや芸能人など著名人がSNSやブログで取り上げられたり、メディアでも数多く紹介されたことで、若いユーザーの日常づかいツールとして定着した。またノンバーバルで使えるシンプルで直感的なUIデザインが、日本のみならず世界中のユーザーからも支持を集めたという。2013年には「Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワード2013」企業の部でグランプリを受賞、Apple App Storeで2013年ベストアプリにも選ばれている。

今回は上記を踏まえて、初めて使う人にも、以前使っていた人にも喜んでもらえるよう、UIをアップデート、さらに移動を楽しめる新たな機能を追加し、「RoadMovies+」というパワーアップした形での復活となった。

 
新アプリの大きな特徴はシンプルなデザインとわかりやすく手になじむUIで、誰でも簡単に12秒、または24秒のオリジナル動画がつくれること。撮影ボタンをタップして、1~4秒の映像を撮影し、フィルターと音楽を選択するだけで簡単に映像が作成できる。

全体のデザインコンセプトを手がけたのは、前回に続きアートディレクター 坂本政則氏。前回の制作時に大切にしていたことを踏まえながらUIや完成する動画作品自体への細部のこだわりはもちろん、誰にでも直感的に操作が可能で、作った動画の完成度・満足度が高いものを提供すること。そして、これらを念頭に、今の時代性からくるユーザー視点と操作慣習、今の技術で可能なこと、人々の移動・体験と動画撮影〜作品化の融和、マネタイズの可能性を持ったサービスとしてのあり方など、複合的な条件を吟味しながら、実装に挑んだという。

まず音楽は、前回の「RoadMovies」の世界観を踏襲しつつも、今の時代に合う若手のアーティストにオリジナル楽曲の制作を依頼。bpm120というルールの中で、個性的な楽曲が18曲提供されている。
フィルターの種類も8種類から25種類と広がり、画角選択も16:9だけではなく、90年代を彷彿させる4:3、SNSに投稿しやすい1:1(正方形)にも対応。

そして、これまで以上にアプリからSNSへダイレクトに投稿でき、他の人たちと共有しやすい仕様に。友人とLINEでシェアするためのプロジェクト、SNSにアップするために家族の顔を写さないプロジェクトなど複数のプロジェクトをアプリ上でつくることが可能になり、公開先や楽しみ方を分けながら使えるように配慮されている。

今回、その場所特定の特別な音楽が手に入る「特別スポット」を全国各地に設定。さらに地図上に撮影した動画のサムネイルをプロットできる「マップビュー機能」を新たに搭載した。そして移動をモチベートできるように、「撮影の間に移動した合計距離」や、「指定したポイントでの撮影を行う」など条件を満たすことにより使用できるインセンティブ機能も実装している。

1クリップごとの秒数は、1、2、3、4秒から選べる。フィルターは、全体を通してインパクトのある色味よりも、ユーザーの生活に自然に馴染むような色を目指した。

本アプリリリースに伴い、11月29日より動画投稿コンテストを実施。「RoadMovies+」を使用して作成したショートムービーをTwitter、Instagram のいずれかに投稿することで応募となる。優秀者の動画は、プロのクリエイターが加工をして、より CM 風にして Honda の公式 SNS アカウントで12月23日に公開予定。投稿締切は、12月12日。

ロゴシンボルは「画角」「縦横」「シンボル:タイプのサイズ比」と、縦横無尽な可変構造を持ち、媒体によりさまざまな表情を作り出すことができる。

スタッフリスト

総合プロデュース
本田技研工業モビリティサービス事業本部
Pr
宮田春香、青木真紀子、樋口太也、大村杏里紗

 

企画制作
電通+Dentsu Craft Tokyo
ECD
菅野薫
CD
保持壮太郎
AD
坂本政則
EXPr
藤岡将史
Pr
宮下研也、馬庭達也
TD
堀宏行
PGR
渡島健太、村田洋敏、朝倉淳
カラリスト
bird and insect
音楽Pr
愛印
作曲
dajistudio,、Babi、Tomggg、Kazooshi、石若駿、浦上想起、蓮沼執太
AE
鏑木崇雄、中川義史

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us