アサヒグループHD、サステナブル関連事業の新会社を設立

share

パナソニックと開発した「森のタンブラー」

アサヒグループホールディングスは12月3日、環境に配慮した商品を販売する新会社「アサヒユウアス株式会社」を設立し、来年1月1日付で営業を始めると発表した。パナソニックと共同開発した「森のタンブラー」などを、自社運営するeコマースサイトで販売する。代表取締役社長は高森志文氏。

ECOALFと共同開発した「蔵前BLACK」は、廃棄するコーヒー豆を原料に用いた「クラフトビール」。酒税法上は発泡酒に相当する

扱うのは「森のタンブラー」のほか、丸繁製菓(愛知・碧南)と開発した、じゃがいもでんぷんを原料とした種られるコップ「もぐカップ」、廃棄コーヒー豆やパンの耳を原料に用いた発泡酒2種。

サステナビリティ(持続可能性)に配慮した事業での収益化を図る狙い。パナソニックや丸重製菓と同様に、他社と商品やサービスの共同開発にも取り組む。

Follow Us