ARで約130年前の恵比寿を再現 ヱビスブランド×KDDIの体験プロジェクト

share

サッポロビールとKDDIは、12月20日より恵比寿ガーデンプレイスにて、XR技術を活用しヱビスブランドと恵比寿の街の過去・現在・未来をつなぐ体験プロジェクトを開始する。

恵比寿ガーデンプレイスの各スポットでスマートフォンをかざすと恵比寿の約130年前の様子などをARで再現する「XR Project @YEBISU β.ver」が提供される。「XR Project @YEBISU β.ver」は、XRコンテンツをウェブブラウザで制作・配信できるプラットフォームを活用しているため、アプリのダウンロードが不要で手軽に体験可能することができるという。

AR体験画面イメージ。

また、KDDIが提供しているスマートフォンを通じて360度のVR空間を自由に歩き回れるアプリ「au XR Door」により、自宅にいながらでも恵比寿ガーデンプレイスにいるかのような体験ができるサービスも用意される。

本プロジェクトは、約130年前に東京で誕生し恵比寿の街の名前にもなったヱビスブランドとXRなど先端技術の社会実装を推進するKDDIのクリエイティブチーム「au VISION STUDIO」が、テクノロジーとアイデアによって生み出す新しいブランド体験であり、「行ってみたい」をつくることを目指し実施されている。

「XR Project @YEBISU β.ver」が体験できるのは、「恵比寿ガーデンプレイス内 時計広場」「恵比寿ガーデンプレイス内 シャトー広場」「ヱビスビール記念館内」の3カ所。
「恵比寿ガーデンプレイス内 時計広場」「恵比寿ガーデンプレイス内 シャトー広場」は2022年3月31日まで、「ヱビスビール記念館内」は2023年3月31日まで実施予定だ。

Follow Us