クロスメディアにジェンダーレス 集英社が創る、読者に「シームレス」な体験

share

集英社は、出版社が持つ幅広い分野の知識やコンテンツ力、読者コミュニティなどを俯瞰でとらえることで、顧客にシームレスな体験の提供を目指している。同社が考えるシームレスな体験とはどのようなものか、その構想を聞いた。

コンテンツ力をより高めるためWebサイト運営を編集部へ統合

ファッション&ビューティ分野において雑誌数・トータル読者数共に業界内No.1※を誇る集英社。同社では美容誌『MAQUIA』と資生堂ジャパンの化粧品ブランド「d プログラム」のタイアップ企画に関して、日本雑誌協会・日本雑誌広告協会が監修する雑誌広告効果測定調査「新M-VALUEプレ調査」を実施。本誌、Web(「マキアオンライン」)、動画広告について、読者の態度変容を調査した。その結果、『MAQUIA』由来の広告による広告掲載の魅力度効果、商品ブランドへの好感度、認知から購入意向に至った割合が8割を超えると判明。さらに、読者の半分弱が本誌とWebの両方に接しており「MAQUIAの世界観をまるごと楽しむなら“本誌” 」、「忙しい日常の隙間時間に最新情報をキャッチするなら“Web”」など、本誌とWebのつながりが見られた。
※2021年7~9月日本雑誌協会発行証明より。

「6月に組織を改編し、女性誌・男性誌のWebサイト運営を雑誌編集部と統合。ひとつの事業体にすることで、紙とデジタルをよりシームレスにする体制となりました」と広告部 部長の田邊泰氏は話す。

また同社では、テクノロジーによるユーザーとの新たなタッチポイント創出にも取り組んでおり、11月20日にはバーチャルの空間で美容製品情報を入手・体験・購入できるアミューズメントパーク「MAQUIABEAUTY AMUSEMENT PARK」をオープン。一方、漫画コンテンツでも、アプリ「少年ジャンプ+」ではVRヘッドセット「Oculus Quest2」とのコラボを行い、連載作品『ダンダダン』のキャラクターが作者によって3D空間にリアルサイズで描かれるなどの大型企画も実施された。

同社がとらえる「シームレス」は、媒体の話にとどまらない。『MEN’SNON-NO』では拡大を続けるメンズ美容市場に着目した特集やアワード「メンズノンノ美容大賞」の開催により「メンズ美容といえMEN’SNON-NO」を浸透させた。そして11月、『MAQUIA』と『MEN’S NONNO』は共同でコラボウェビナーを実施。2022年4月には、2誌のコラボ広告企画「ジェンダーレス美容特集」といった、男性誌・女性誌という枠組みではなく、「美容」により2誌をシームレスにつなぐ企画が予定されている。

左:11月20日にオープンした「MAQUIA BEAUTY AMUSEMENT PARK」。右:「少年ジャンプ+」で連載している『阿波連さんははかれない』と「Oculus Quest 2」のコラボでは、登場キャラクターのはじめてのVR体験を描いた描き下ろし漫画が公開された。

「現在、媒体、ブランドを超えたIDによるデータ統合を進行中。各誌の熱いファンコミュニティを俯瞰でとらえ、読者により有益な情報、体験を提供したい」と構想を話した。
 




お問い合わせ
株式会社集英社
住所:〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10
TEL:03-3230-6201
EMAIL:adinfo@shueisha.co.jp
URL:http://adnavi.shueisha.co.jp

Follow Us