大阪の街を巡りながら「ライカ」がとらえたモノクロの美しさ

share

2021年7月、「ライカ」初となるスマートフォン「Leitz Phone 1」がソフトバンクから発売された。100年以上もの伝統と優れた性能を持つ「ライカカメラ」のモノクロの美しさには、多くの人が魅了されている。
カメラ機能を試したくなる動画を制作したのは、 bird and insect のクリエイターたちだ。

 

ライカのカメラでライカの世界観をそのまま写し取った映像に

バスから眺める風景、街を歩くカップルのデート……老若男女による日常の光景が次々と映し出される。ふとした瞬間、そんなワンシーンを残そうとスマートフォンを構えると、何気ない日常が深みのあるモノクロのワンカットとして切り取られていく。美しいピアノの旋律に乗った情緒的な映像が、「カラーよりも鮮やかでカラフルに見える」とも評される「ライカ」の独自の世界観を表現する⸺。

今回制作されたのはソフトバンクが日本市場で独占販売する、「ライカ」初となるスマ ートフォン「Leitz Phone 1」のプロモーシ ョンムービー「The world of Leitz Looks」だ。「Leitz Phone 1」はスマホとして最大級の 1 インチセンサーを搭載し、ライカ独自の高品質な写真が楽しめる。「Leitz Looks」を用いれば、ライカらしい美しいモノクロ撮影をすることができる。

「ライカのよさ、Leitz Phone 1 による美しさがパッと視覚的に入ってくるように、一目見て“キレイだな”とわかる企画を目指しました」と語るのは、bird and insect CEO の shuntaro さん。ライカ独特のモノクロに焦点を当てようと考えた通り、日常の世界がモノクロに変わっていく演出を取り入れ、直感的に「Leitz Phone 1」を手に入れたことで訪れる世界観を表現した。

当初あった企画案は 3 つ。「ひとつはよりスピード感のある映像。もうひとつがこれまで著名な写真家がライカで撮影した作品をオマージュする内容。そして、採用されたのがライカこだわりのモノクロームによる表現でした」と、同社 director の桜屋敷知直さんは明かす。「押し付けないストーリーで、視聴者に解釈をゆだねる形に。あえて説明的にせず、モノクロの世界によ って“何があったんだろう”と考えさせる演出としています」(桜屋敷さん)。キャステ ィングに若者だけでなく、初老の男性も加えているのは「ライカ」の幅広いファン層を意識したため。男性は「昔からライカを使 っていた人」と思わせるような存在として登場する。

実はこの映像、ライカのカメラでライカの世界観をそのまま写し取り、ライカらしい映像に落とし込んでいる。ムービーの撮影にもフルサイズミラーレスカメラ「ライカSL2-S」を、映像内に登場する写真の撮影は「Leitz Phone 1」をそれぞれ用いた。以前からライカを愛用しているというshuntaroさんは、「解像度が高く、モノクロも美しい」とあらためてライカの性能に驚かされたという。「ライカ SL2-Sで撮ると、写真で感じるよさがそのまま映像に置き換わる。他社のカメラにない独特の空気感があり、光で描く奥行き感も出る。カメラの性能はもちろん、レンズの性能もかなり高いと実感しました」。

映像の撮影にはフルサイズミラーレスカメラ「ライカSL2-S」を、映像内に登場する写真の撮影は「Leitz Phone 1」を使用した。

 
さらに、約 520 インチの縦型ビジョンで映し出されることを踏まえた演出も。「横型と異なり、縦型は役者の表情にフォーカスでき、演技を重視した撮影ができる」と桜屋敷さん。撮影は道頓堀や堂島といった大阪の有名スポットを中心に実施し、日本有数の巨大都市圏のスケール感を表現した。「大型ビジョンで見ても、解像度も黒の締まりも光の表現も素晴らしい。現場でも撮 った瞬間にどよめきが上がったほどです」とshuntaro さん。「ライカ」へのリスペクト満載の、大画面に映える映像表現に仕上がっている。
 
今回制作されたムービーは、「Leitz Phone 1」の製品ページで公開中です。
 

bird and insect CEO/Image director shuntaroさん

1985 年、東京生まれ。京都工芸繊維大学で建築・デザインを学び、広告系制作会社を経てフリーランスへ。 2013 年、University for the Creative Arts で写真の修士号を取得。その後、bird and insect を立ち上げ、代表取締役を務める。2017 年には、日本のファ ッション写真史の研究で博士号も取得した。

bird and insect director 桜屋敷知直さん

1986 年、埼玉生まれ。大学を1 年で中退後、多数の職を経験。その後写真家・大山友輝朗氏に師事。2017 年bird and insect に加入後、アシスタントを経てディレクター、取締役に就任。現在映画監督としての芽を育み中。座右の銘は「根拠のない才能を信じること」。

 

スタッフリスト

企画制作
bird and insect
CD
shuntaro
演出
桜屋敷知直
撮影
阿部大輔、本田龍介
編集
久保山鄕
PM+ST
KAN
HM
吉田美優
ロケ地
さきしまコスモタワー展望台、大阪シティバス
出演
有雪、りょうすけ(すけおパーク)、Joe Kitamura、堤裕子

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us