ソニーとホンダが合弁 25年に共同開発EV、サービスPFも

share

ソニーグループと本田技研工業は3月4日、電気自動車を共同開発、販売する合弁会社を設立すると発表した。2022年内の設置を目指す。EV車両に合わせたモビリティ向けサービスプラットフォームも提供する。

新型EVの初期モデルは2025年をめどに発売する。新会社は企画や設計、開発、販売を担い、製造はホンダの工場が担当。モビリティ向けサービスプラットフォームはソニーが開発し、新会社を通じて提供する。


 

Follow Us