グラフィックTシャツと着る人との関係を描いた、UTのグローバルキャンペーン「そのTシャツは、あなただ。」

ユニクロは「そのTシャツは、あなただ。〜WEAR YOUR WORLD.〜」というタグラインのもと、UTの2022春夏のグローバルキャンペーンを開始。特設サイトの開設、ブランドムービー他、グラフィック広告やInstagramでも展開している。

本キャンペーンのキービジュアル

今回のキャンペーンでは、グラフィックTシャツと着る人との関係を描いている。

「流行りのコンテンツTシャツという見え方ではなく、UT=ファッションアイテムとしてのイメージを強化することがクリエイティブの目的。何が好きで、どんな人なのか。グラフィックTシャツとは“着る人の個性を象徴するもの。人生の各シーンを彩るもの”という考えのもと、“Life is Graphic”を企画テーマに設定しました」(クリエイティブディレクター/コピーライター 青木一真氏)

キャンペーンステートメント

あの日、夢中になったバンド。
ずっと憧れていたアーティスト。
友だちに教えてもらったキャラクター。
いま、密かにハマっているアニメ…
グラフィックTシャツ。
その胸元のキャンバスに描かれた世界は、
あなたが好きなもの、その時々のブーム、
たいせつな思い出を映し出している。

それは、デザインという枠を超え、
自分らしさを代弁してくれるもの。
あなたの人生をあざやかに彩ってくれるもの。
言ってみれば、そう。そのTシャツは、あなただ。

WEAR YOUR WORLD

YouTubeで公開されているブランドムービーは、次世代アーティストからダンサー、等身大の学生や家族、アクティブシニアまで、様々なバックグラウンドを持つ人が登場している。その中には、ダンサー yurinasia、ヒューマンビートボクサー SHOW-GO、シンガーソングライター/俳優の佐藤緋美、女優の仁村紗和などもいる。彼らの個性的でチャーミングなライフスタイルを通じて、グラフィックTの魅力を多様に表現した。

22SS UT WEAR YOUR WORLD. フルバージョン

本ムービーでは、UTを着こなす人やスタイルそのものが、クールでセンス良く見えるだけでなく、グラフィックTがある日常への共感や親しみを感じてもらえるドキュメンタリーフィルムをめざしたという。

等身大で人肌感のある世界を演出するために、キャストそれぞれが気の向くまま、ありのままにTシャツを着こなす姿を、光の滲みやざらつきのある16mmフィルムで撮影。人肌感を出すために、隙のあるカメラワークや画角、編集を心がけた。

映像全編に流れる音楽はサーフミュージックのような有機的で心地よい軽さと温かみのある音をベースに、日常シーンのドキュメント性を強めるため、フィールドレコーディングによる効果音をほどよくコラージュして全体を構築している。

本ブランドムービーは1分30秒のフルバージョン他、それぞれのキャストが出演する15秒バージョンも公開。また日本のみならず、現在アジアや北米、ヨーロッパでも同キャンペーンを展開中だ。

店頭でのグラフィックの展開。


企画制作:CHERRY+ADK Creative One+太陽企画+ギークピクチュアズ

共通

CD+C
⻘⽊⼀真
AD
⼤橋謙譲
C
川瀬真由
BP
平⼭遼
ST
武久泰洋
Hair
佐藤知子
Make Up
合田奈央

 

ムービー

企画
大柿鈴子、西村征暁
Pr
泉家亮太、藤島俊晃
PM
武中志門、吉村佑馬、小倉颯
演出
鎌谷聡次郎
撮影
川上智之
照明
上野甲子朗
音楽
山田勝也

 

グラフィック

D
井上真友⼦、水本真帆
Pr
奥貫克郎
PM
佐藤憲将、飯島伊織
撮影
岡本充男
レタッチ
尾堂萌実
ロケCrd
全⼤植

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事