TVer地上波同時配信スタート、笑福亭鶴瓶の「嘘のない広告」で表現したもの

share

民放公式テレビ配信サービス「TVer」は4月11日、地上波同時配信をスタートした。あわせて、4月8日から「もっと、今をつなぐテレビへ。」キャンペーンを開始。テレビCMの他、主要駅での交通広告を展開している。

テレビCMは、15秒を6篇制作。「テレビは変わらなあかんて何年言うとんねん、ずっと言うてるやろ。でも、ほんまに変わるんなら、今やと思うで」と語る、笑福亭鶴瓶の力強い言葉やテレビへの想いが描かれている。

「テレビの変わり目」篇。本篇含め、関東エリアで流れるCMには、放送局との取り組みとして在京5局のロゴも記載している。

TVer プロジェクトマネージャーの高山暢比古氏は、今回のプロモーション展開について「ユーザーに対して『テレビが変わる』ことを押し付けるのではなく、今の時代にあった関係性を意識した上で、『テレビがもっと身近になる』ことをユーザーに体感してもらえるようなコミュニケーションを目指しました」と話す。

企画を手がけたのは博報堂 クリエイティブディレクター/CMプランナーの神田祐介氏。「テレビメディアの節目でもあるリアルタイム配信のローンチの広告を、もう一度テレビを意識するスイッチのようなものにしたいと思いました。広告した商品はリアルタイム配信を控えたテレビの意志。テレビ好きの賛同だけを集める詭弁の広告ではなくSNSで賛否両論書かれるものの方が、テレビの今を意識する嘘のないきっかけになるのではと考えました」。

テレビCM「リアルタイム配信」篇。出演した鶴瓶さんはインタビューの中で、「台本に書いてある通りに言うのがイヤで、今でも言わされるのはイヤなんです。でも、このCM撮影は本当に僕の言葉でつくってくれてるから、言わされてる感じはない。」と語った。

また、4月11日からは表参道駅、渋谷駅、新宿駅、大阪駅といった主要駅で広告を掲出している。

4月11日より掲出を開始した渋谷駅での交通広告。


スタッフリスト

企画制作
博報堂+博報堂クリエイティブ・ヴォックス+博報堂プロダクツ
CD+企画+C
神田祐介
AD
山下隼太郎
Pr
福田昌史、池田成克、宮城洋祐
PM
村田一将、畑中一成
演出
佐藤渉
撮影
瀧本幹也
照明
大堀治樹
美術
相馬直樹
編集
前田憲彦(オフライン)、坂詰正記(オンライン)
音楽
池田耕太
ST
上野真紀(笑福亭鶴瓶)、田崎真由子(サブキャスト)
HM
上田実穂(笑福亭鶴瓶)、山口淳(サブキャスト)
AE
山室貞哲、赤瀬優也
出演
笑福亭鶴瓶

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us