東海テレビの公共キャンペーンCM、2022年は「生理を、ひめごとにしない。」

share

東海テレビは5月29日、公共キャンペーンCM「生理を、ひめごとにしない。」(5分30秒)を公開した。プロデューサーは同局の桑山知之氏が務めた。

東海テレビ 公共キャンペーン・スポット「生理を、ひめごとにしない。」

同CMは、「生理」をテーマに制作された全10エピソードが収録されている。女子高生やアナウンサーらが自らの経験を語る場面や、男性が生理用品を手に取ってみたり生理痛シミュレーターを体験したりする場面が見られ、いずれも「生理を、ひめごとにしない。東海テレビ」というメッセージで締めくくられる。

動画内ではアナウンサーの女性が生理について語る場面や、職場で生理を学ぶ様子が登場する。

東海テレビの公共キャンペーンCMのシリーズは2008年からスタート。毎年5月に公開しており、これまで「LGBT」や「発達障害」などをテーマに掲げてきた。

桑山氏は2019年日本民間放送連盟賞テレビCM部門で最優秀賞を受賞した「見えない障害と生きる。」もプロデュース。同氏は今回のCM制作にあたって、次のようにコメントしている。

「生理は、『なかったこと』にされてきました。悩みを相談できずに、一人で抱え込んできました。一方で、私たちは見せないように、また一方で見ないようにしてきたのではないでしょうか。でも、生理はタブーではありません。大切な人のことを大切にするためにも、まずは、生理を知ることから始めてみる。こうした『当たり前のメッセージ』を社会に提案しようと思い制作しました。私たちに必要なのは、きっかけなのだと思います」(桑山氏)。
 

スタッフリスト

企画制作
東海テレビプロダクション+エキスプレス+プラモ+東海サウンド
ECD
伏原健之
CD+C
桑山知之
Pr
服部綾奈
ディレクター
髙山美月
撮影+カラリスト
飯澤康平
編集
杉原悠人
録音
藪口祐介
SE
芝野唯
タイムキーパー
石川敏江
出演
上山真未

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us