大阪コピーライターズ・クラブ「OCC賞」募集開始、審査委員長は直川隆久氏

share

大阪コピーライターズ・クラブが主催する「OCC賞」が、7月7日から作品募集を開始した。締め切りは8月10日まで。本年度の審査委員長は、電通関西支社の直川隆久氏が務める。

ビジュアルは、審査委員長の直川氏と、昨年OCC賞を受賞した茗荷恭平氏(電通関西支社)が制作。写真は、OCC会員の大原漢太郎氏(電通関西支社)が参加するNPO「Homedoor」より、大阪のホームレスが撮影したものを使用している。

応募対象となるのは、2021年4月1日から2022年3月31日までに、実際に使用・掲載された自作品。大阪以外の地域の作品も、大阪以外の地域の制作者からの応募も可能。応募の際、会員・非会員を問わないが、非会員が受賞した場合は入会が必須となる。

昨年に引き続き、一般部門と新人部門の審査がそれぞれ行われる。

審査員は以下のとおり(敬称略)。

<審査委員長>
・直川隆久(2021 OCCクラブ賞)

<審査委員>
・河西智彦
・児島令子
・小堀友樹
・正樂地咲
・鈴木契
・田中泰延
・中治信博 
・西脇淳
・廣瀬泰三
・古川雅之(2021 OCCクラブ賞)
・松尾昇(2021 OCC最高新人賞)
・中島優子(審査委員長推薦)
・畠山侑子(審査委員長推薦)
・和田佳菜子(審査委員長推薦)

【関連記事】大阪「OCC賞」グランプリに大日本除虫菊のケースバイケース新聞広告


Follow Us