敬老の日を前にメルカリが60代以上の「推し活」事情を分析・発表

share

メルカリは9月19日の敬老の日を前に、「メルカリ」上における60代以上のK-POP取引データをもとに、「推し活」事情を分析するレポートを発表した。

同社が今年7月に発表した世代別購入カテゴリートップ3で「K-POP」が70代の1位にランクインしたことを受け、実施されたもの。60代以上の利用者による「K-POP」関連の最新取引8,000件を抽出し、 特定K-POPグループをキーワードに含む商品を割り出し、 ランキング化したところ、 1位「BTS」、2位「SEVENTEEN」、3位「ATEEZ」、4位「ENHYPEN」、5位「TWICE」という結果になった。

また60代以上の「K-POP」関連商品の購入は、 20代以下の出品によるものが多いこともわかった。20代が出品した商品のなかで60代以上の購入が多い商品をランキング化したところ、 5位に「K-POP」がランクインしており、同社では60代以上の人たちがメルカリで「推し活」グッズを20代以下から購入していると考えられるとしている (期間:2021年9月~2022年8月)。


Follow Us