メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

目に優しいOOHが車内をジャック、ロート製薬「目の愛護車両」を公開

share

ロート製薬は10月10日の「目の愛護デー」に合わせて、目に優しい広告で電車内をジャックした「目の愛護車両」を公開した。

10月初旬から約2週間、JR東日本 京浜東北線や根岸線、京王線や大阪メトロ御堂筋線に展開している。

 
10月10日は「目の愛護デー」として1947年に制定。以来、全国で目の健康を促す活動が行われている。

目薬などアイケア製品を展開するロート製薬は近年、「読みにく過ぎる新聞広告」(2020年)や、「巨大QRコード広告」(2021年)を公開し、商品のPRを行ってきた。

【関連記事】
巨大二次元コードの新聞広告 目の愛護デーとデジタルの日で
ロート製薬「読みにく過ぎる新聞広告」3種を制作 目の愛護デーに出稿

3年目となる今年のキャンペーン「目の愛護車両」では、緑色の広告で車内をジャック。目に優しいフォントを使用して「広告を見るよりも窓の景色を見た方が目には良いですよ」と語りかける中づり広告や、車内の液晶ディスプレイを暗転させるなど目の健康を配慮した車両となっている。

 

電通関西支社のクリエイティブディレクター 廣瀬泰三氏は、通勤時に多くの人がスマートフォンなどを見ていた光景を目にしたことから、車両ジャックのアイデアが生まれたと言う。

「せっかくの広告なのにあえて“目を守るためなら、こっち見なくても良いですよ”というメッセージや、“あなたの目を守るために”と自ら消えていく車内ビジョンなど、目の愛護ファーストの精神で制作しました。目の健康のためにできることを詰め合わせた広告になっています」(廣瀬氏)。

さまざまな映像が流れる車内ビジョンも暗転。一貫して“目に優しい”車両となっている。

車内には「目に優しいプレゼント」としてQRコードも配置。アクセスすると目の健康に配慮したコンテンツを見ることができる。

 

スタッフリスト

企画制作
電通関西支社+電通クリエーティブクロス
CD+企画+C
廣瀬泰三
企画+AD
茗荷恭平
AD
烏野亮一
D
苅田哲平
AE
鷲尾尚哉
掲出
JR京浜東北線・根岸線、京王線(10/1~10/15)、大阪メトロ御堂筋線(10/2~10/15)

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us