メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

女性が「G-SHOCK」を着用したくなる斬新なアイデアの動画を募集/BOVA2023

share

今年10回目の開催を迎えた、月刊『ブレーン』が主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA(Brain Online Video Award)」では、2023年1月27日まで作品を募集しています。ここでは、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする〈一般公募部門〉にて、協賛企業が行ったオリエンテーションのダイジェストを紹介します。今回は、カシオ計算機のお題「女性がG-SHOCKを着用したくなる動画」についてです。

 

「常識をくつがえした時計」の誕生から40年

今回、私たちカシオ計算機が募集するのは、「女性がG-SHOCKを着用したくなる動画」です。「G-SHOCK」は1983年に生まれた腕時計のブランドで、2023年4月に誕生40周年を迎えます。時計は精密機器だという考え方が主流だった時代に常識を覆し、「過酷な状況下でも壊れない、丈夫な時計」という新しい価値を生み出しました。そんな「Absolute Toughness」というコンセプトに基づき、「耐衝撃」「20気圧防水」といった機能を備えて、挑戦と進化を続けてきました。

そして現在、私たちは「G-SHOCK」の新たな市場拡大のために、女性ターゲットへのリーチを目指しています。その背景には、「ジェンダーレス」のトレンドの台頭が大きく影響しています。今は「男性だから」「女性だから」という固定観念にとらわれず、自分が好きなもの、自分に合ったもので個性を表現する時代。そのためターゲットイメージは、自分らしさや多様性を追求し、なりたい自分や成し遂げたいことに強い意思を持って突き進む、タフな女性です。

女性の方がつけやすい小型モデルも展開しており、ニュアンスカラーや上質感のあるディテールを採用。アクセサリー感覚でつけられる、洗練された雰囲気に仕上げています。

また昨年より、若者向けのコミュニケーションメッセージとして「MY TIME」を掲げています。スタイリング訴求を中心としたInstagramも開設し、性別を問わずに「G-SHOCK」を身につけ、それぞれの自分らしさを発揮していくイメージ展開をしています。

社内からは生まれない、斬新なアイデアを。

とはいえ現状では、まだまだ「G-SHOCKは男性向けの時計」というイメージが先行しており、女性向けの小型の「G-SHOCK」シリーズは認知が進んでいません。今回BOVAでは当社がこれまでに行なってきたさまざまなコラボレーションの事例を参考に、社内からは生まれないような新しい切り口を打ち出すアイデアを募集したいと考えています。

優秀作品は、当社のホームページやSNSアカウントでの掲載、広告での活用などを想定しています。また、「G-SHOCK」は来年40周年を迎えるため、周年キャンペーンで使用する可能性もあります。さらに特に優れた作品は、グローバルでのSNSやWebで使用する可能性があります。

制作にあたっての留意点は、動画の最初か最後に「G-SHOCK」のロゴを入れていただき、動画の最後に「CASIO」のCIロゴを入れてください。ロゴはBOVAのホームページからダウンロードしていただけます。また、グローバルで二次利用をさせていただく際には、当社側で字幕をつけさせていただく場合があります。

撮影用の時計は、BOVAサイトに掲載している5モデル(「GM-S2100PG-1A4」「GM-S2100B-8A」「GM-S5600-1」「GM-S5600GB-1」「GM-S110PG-1A」)の中から複数本の貸し出しが可能です。それらのモデルを使用した撮影をお願いいたします。なお、撮影内容によっては上記5モデル以外の貸し出しも可能ですので、お申し込みフォームより別途ご相談ください。

男性向けというブランドイメージを払拭し、女性にも「G-SHOCK」の着用を訴求できる、斬新なアイデアの動画をぜひお待ちしています。

カシオ計算機の課題「女性がG-SHOCKを着用したくなる動画」についての詳細はこちら


Follow Us