メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

カンヌライオンズがゲーム部門を新設、ゲームプレイを通して人々とブランドのつながりを作った施策を評価

share

カンヌ ライオンズは、2023年のアワードにおいて「Entertainment Lion for Gaming(エンターテインメント ライオン フォー ゲーム)」部門の新設を発表した。

 
ゲームはもともと「エンターテインメント ライオンズ」の一部であったが、2023年度のアワードから部門として新設。ゲームプレイを通して人々とブランドのつながりを作った施策を評価する。

カンヌライオンズ CEO サイモン・クックは、「この5年間でゲームをフィーチャーしたライオン受賞数が 74% 増加。この分野の進化の速度と、クリエイティブ・マーケティング コミュニティ内でのゲームの関連性の高まりを考えると、これは自然な流れのように感じます」とコメントしている。

審査委員は、それぞれ異なる専門分野をもつ、クリエイティブ(クリエイター)、ブランド、ゲームの専門家、パブリッシャー、プラットフォーム、プロデューサーで構成される。初代審査委員長を務めるのは、Riot Games のグローバル マーケティング責任者である Francine Li 氏。

カンヌライオンズ2023 のエントリーは、2023年1月19日から始まる。
 

【関連記事】
世界一クリエイティブなマーケティング企業を探せ―嶋野裕介のカンヌレポート2022

世界がむつかしくなればなるほど、creativityが決定的な能力になる。~2022年カンヌライオンズを振り返って(文・古川裕也)

カンヌセミナー(オンデマンド配信)


Follow Us