メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

クリエイターのチャリティ企画が終幕、最終回は「瀬戸の招き猫」188人が参加

share

12月7日から、東京・銀座でクリエイターが一点ものの招き猫を制作し販売するチャリティプロジェクト「188人のクリエイターと瀬戸の職人がつくる招き猫 Lucky Cat」が開催される。会場はクリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデン、会期は1月21日まで(日曜・祝日および12月25日~1月5日は休館)。入場無料。

(左から)モニョチタポミチ、宇野亞喜良、永井一正、榊原美土里、葛西薫

2023年8月にクリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが閉館するのに伴い、1990年から32年にわたり毎年実施してきたクリエイターによるチャリティプロジェクトは今回で最終回となる。

今回のモチーフは、愛知県瀬戸市の職人が型を起こして作陶した素焼きの招き猫。手をあげて座る姿が愛らしい招き猫は由来や発祥が定かではないものの、江戸後期に浅草あたりで生まれ、庶民の間で流行したといわれ、福をもたらす縁起物として現在もさまざまな場所で見かけることができる。瀬戸市は明治30年代後半から福をもたらす縁起物として生産が始まった招き猫の三大産地のひとつでもある。

参加するクリエイターが個性豊かな発想と手技によって一点ものの作品を制作するのは2003年以来、実に19年ぶりとなる。作品は、会期中にシークレットオークション形式で販売され、売上から製作費を除いた収益金がセーブ・ザ・チルドレンに寄付される。

【関連記事】
リクルートが銀座のギャラリーを刷新、2023年9月にアートセンター新設


Follow Us