メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

印刷博物館で「世界のブックデザイン」展、各国から約160点の本が集合

share

凸版印刷は12月10日から、印刷博物館 P&Pギャラリー(東京・文京区水道橋)で「世界のブックデザイン2021-22」展を開催する。日本やドイツ、オランダ、オーストリア、フランス、カナダ、中国の造本コンクールなどで入賞した図書約160点を展示する。会期は2023年4月9日まで。

日本からは第55回「造本装幀コンクール」の受賞図書が対象。文部科学大臣賞と日本印刷産業連合会会長賞を受賞した、村山純子氏の著作であり装幀も手がけた『てんじつきさわるえほん さわってたのしいレリーフブック さかな』(小学館)をはじめ21点の図書がお目見えする。

村山純子 著・装幀 『てんじつきさわるえほん さわってたのしいレリーフブック さかな』 (小学館 発行)

2022 年2 月、ドイツのライプチヒで開催された「世界で最も美しい本2022 コンクール」の受賞図書も並ぶ。討議は1 年ぶりに対面で行われたものの、物流の停滞により本の送付が間に合わなかった国があるなど、パンデミックの影響が残る中での開催となった。

世界で最も美しい本コンクール2022 金の活字賞/オランダの最も素晴らしい本 2021受賞
Laurie Cluitman(編)、Bart de Baets(デザイン)
『On the Necessity of Gardening』
(Valiz collab Centraal Museum Utrecht 発行)

会期中は、造本装幀コンクールにまつわるトークショーのほか、美篶堂と本づくり協会による製本ワークショップも開催される。

2月19日に現地開催されるトークショーでは、第55回「造本装幀コンクール」に入賞した『広告 Vol.415 特集:流通』を手がけたデザイナーの上西祐理氏、加瀬透氏、牧寿次郎氏らが出演する。


Follow Us