メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

「パイがすべてさ~」大友康平が熱唱 マクドナルド1年ぶり復活商品のテレビCM

share

日本マクドナルドは12月6日から、期間限定のサイドメニュー「ビーフシチューパイ」の発売に伴いテレビCM「ビーフシチューパイ パイがすべてさ」篇の放映を開始した。歌手の大友康平がパイをマイクに見立て、自身のヒット曲を替え歌にして「♪パイ(愛)が~すべてさ~」「♪パイ(愛)を~こめて~」と歌い上げる内容となっている。

原曲は、大友さんがボーカルを務める「HOUND DOG(ハウンドドッグ)」の名曲『ff(フォルティシモ)』(1985年発売)。CMでは公園でビーフシチューパイを食べようとする女性を前に、大友さんが突如現れ熱唱。女性は美味しそうにパイを頬張り、「パイは、愛だ。マクドナルドのビーフシチューパイ、復活。」というナレーションが重なる。

なお今回、マクドナルドのCMでおなじみのサウンドロゴ「♪タラッタッタッタ~」も、大友さんが担当。こぶしをきかせて歌っている。

「ビーフシチューパイ」は2021年に初めて発売。当時としては、甘くない食事向けのパイは6年ぶりの発売だった。

「昨年初登場したビーフシチューパイの1年ぶりの復活を、昨年以上に盛り上げ、召し上がったことがある方もない方も、より多くの方にお楽しみいただきたいとの思いが強くありました。おいしさを伝えるだけでなく、より記憶に残る“Fun”のあるCMを目指しました」と日本マクドナルド マーケティング本部の浅沼聖奈氏は企画意図を説明する。

CMを手がけた電通のプランナー 當銘啓太氏によると、撮影は残暑のころ。監督をはじめ演出チームとともに冬らしい絵をつくり込み、商品のおいしさやあたたかさをしっかり伝えることにこだわった。「大友さんによる贅沢な替え歌、こぶしが効いた唯一無二の『タラッタッタッター♪』に注目していただきたいです」(當銘氏)。

スタッフリスト

企画制作
電通+ビーコンコミュニケーションズ+AOI Pro.
CD+企画+C
宮本貴司
企画+C
當銘啓太
AD
除村崇
D
細沼勇人
STPL
林宏樹、笠松かおり
CPr
鳥居くみ子
Pr
齋藤卓夫、金子洋平
PM
白鳥葵
演出
小林達行
撮影
野田直樹
照明
溝口知
CG
須永浩光
編集
大西正人
カラリスト
大角綾子
音楽
一宮伸聡
SE
田中宏峰
MA+MIX
倉田昌治
ST
広沢健太郎、柚木一樹
HM
藤原羊二、赤澤洋平
フードST
左近充英子
ロケCRD
全大埴
CAS
大沢修、森透江
AE
國政裕子、深沢祐、田中信伍
NA
高田 裕司
出演
大友康平、小高サラ

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us