メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

JR SKISKI広告に南沙良「冬を取り戻すんだ。」テーマに今年もキャンペーン開始

share

東日本旅客鉄道は12月13日から、2022年から2023年シーズンの「JR SKISKI」のポスタービジュアルを公開した。同日からJR東日本エリアの主要駅に順次掲出していくほか、ブランドサイトでもビジュアルを公開している。

今年のメインキャラクターには、俳優の南沙良を起用。起用理由について、東日本旅客鉄道の担当者は「JR SKISKIのターゲット層としている若者層と同世代、かつ若い世代から高い支持を受けており、女優・モデルとしてご活躍される南さんの演技力がポスターなどでいかんなく発揮され、若者層に響くキャンペーンとなることを期待し、起用させていただきました」と話す。

今年のキャッチコピーは、「冬を取り戻すんだ。」。

2012年から本シリーズの企画を手がけてきたジェイアール東日本企画のクリエイティブディレクター 山口広輝氏によると、「コロナ禍で制限されていた冬の青春を取り戻そう」というテーマで本年は企画した。

「近年はスノーレジャー経験者層のつなぎ止めに力を入れていましたが、ターゲットも再びトライアル層に絞り、Z世代に向けてコピーやビジュアル表現、TikTokなどSNSの活用も意識しました。その年その年の冬の記憶とともにヒロイン、アーティスト、コピーについて、思い入れを持ってくださる方も多いので、今回もそんな広告になれたらうれしいです」(山口氏)。

東日本旅客鉄道の「JR SKISKI」キャンペーンは1991年に開始。「愛に雪、恋を白。」(1998)、「ぜんぶ雪のせいだ。」(2013)などのコピーで知られる。91年から98年まで毎年実施した後、少し間が空き、2000年代は2006年のみ実施。東日本大震災の復興支援を目的に2012年に再開し、現在まで毎年展開されている。

【関連記事】
JR SKISKI30周年「あの冬」に会える歴代広告のコピー、誰が書いた?(2022年)
「JR SKISKI」今年は春に社会人に向けて展開、本田翼を8年ぶり再起用(2021年)
JR SKISKI 第5弾は「ゲレンデで恋する奥手なヒロイン」に原点回帰(2016年)
JR SKISKIキャンペーン第3弾「答えは雪に聞け。」——女優・広瀬すず起用でスタート(2014年)

2023年1月にはWeb動画を公開予定。「JR SKISKI」のキャンペーン期間は同3月31日まで。

スタッフリスト

企画制作
ジェイアール東日本企画+xpd
ECD
長谷川羊介
CD+企画+C
山口広輝
企画+AD+D
武山範洋
Pr
齋藤雅隆、多田羅雄大
PM
上田恵里、松島志保
演出
徳平弘一
撮影
岩渕隆斗(動画)、嶌村吉祥丸(GR)
照明
友田直孝(動画)、島村佳孝(GR)
美術
荻原麻子(動画)、佐藤彩(GR)
編集
高橋佳祐(オフライン)、村田千登志(オンライン)
レタッチ(GR)
畑島康人
音楽
山田勝也、牧泰雅
MIX
吉川貴人
ST
長瀬哲朗
HM
小西神士、Nori (サブキャスト)
CRD
松村隆徳、稲田恭兵
CAS
藤原香弥、小河信之介、土屋茉結、桑田慧(サブキャスト)
撮影(メイキング映像)
田中晃
PRプランナー
竹村康宏、川辺鉄矢、柴田健史
AE
太田喜郎、豊田和希、橘朋杏
出演
南沙良

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us