メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

金沢ADC発表、グランプリはF1625の日本酒「いのたち」

share

金沢アートディレクターズクラブ(金沢ADC)は12月3日、石川のクリエイターを対象に優れたクリエイティブ作品を募る「kanazawa ADC」の受賞作品を発表した。10回目となる今回、応募総数329エントリーの中から松澤桂氏が手がけた日本酒「F1625 いのたち」が選ばれた。

F1625は、最新のテクノロジーを取り入れ、次の400年を生む新たな提案を行う。

その第一弾にあたるのが「いのたち」で、松澤氏はパッケージデザインとアートディレクションを手がけている。「世界を美しく変える日本酒を、つくり続ける。」というパーパスのもと、「地球と未来に負荷をかけない」という思いから従来のような過剰な包装や装飾を排除した。

「パッケージデザインにおいては、いわゆる『日本酒のデザイン』の在り方から考え抜き、簡素で静かに佇む姿になりました」(松澤氏)。

2022年は3年ぶりの開催となり、2019年12月1日から2022年11月30日までの3年間に発表・使用・掲載された作品がエントリー対象となった。今回は古平正義氏、田部井美奈氏、米村浩氏の3人が審査員を務めた。

主な受賞作品は以下の通り。

Kanazawa ADCグランプリ・中日新聞社賞

・松澤桂/F1625 いのたち

Kanazawa ADC準グランプリ

・木下芳夫/earth music&ecology

・木下芳夫/クタベ画を描こう

Kanazawa ADC賞

・春木正、宮崎昭秀/「MASUNAGA 1905_fw」 篇

・松澤桂/金沢漆器INAZUMA

・木下芳夫/加賀野菜

・一二明子/回文俳句日記 回転角360度+5日

・広田芳樹/フジイエアー

・中林信晃、安本須美枝/ボスケットクッキー

・大谷友理/oterart金澤2022

審査員賞【古平賞】

・松澤桂/主計町茶屋街 み笑

審査員賞【田部井賞】

・清森達士/自社ツール 活版名刺

審査員賞【米村賞】

・松澤桂/HAB 北陸朝日放送 ブランディング

Kanazawa ADC賞パートナー賞

・F1625 ブランドチーム/F1625 いのたち

Kanazawa ADC会員賞

・木下芳夫/金沢未来のまち創造館

Kanazawa ADC会員特別賞

・一二明子/銀塩の中の金沢

新人賞

・広田芳樹/フジイエアー

各部門賞

A.ポスター部門
・木下芳夫/くらしき天文台

B.新聞雑誌広告部門
松澤桂/地方局の新年企業広告2021-2022

C.ジェネラルグラフィック部門
・テリー/「明日への74」

D.パッケージ部門
・松澤桂/おウチで稲作

E.マークロゴ部門
・都原健/図書館のグッズ用アイキャッチ

F.環境・空間部門
・橋本謙次郎/金沢ADC2019展

G. TVCM・映像・プロモーションビデオ部門
・寺井剛敏、木下芳夫、春木正/雪吊りとこも掛け KANAZAWA YUKITSURI KOMOKAKE

H. WEB・インタラクティブメディア部門
・鈴木伸嘉 よねだみむね/山めぐりデジタルスタンプラリー 「山印」

I.複合部門
・木下芳夫/金沢未来のまち創造館

J.自主制作部門
・ミドリ-ムシ/誰かを傷つけるその前に


Follow Us