タクシーの車内は欲しいものに出会うきっかけが生まれる場所に(前篇)

宣伝会議では現在、トライアルでテストマーケティングしたいブランドと新規クライアント獲得や優良事例をつくりたいメディアをマッチングするモニターサービスを展開している。
今回、紹介するのはニューステクノロジーが提供する「タクシーサイネージメディア」。日本のメディアのモニターサービスを通じて、「KANADEMONO」を手掛けるbydesignとの購入体験コンテンツを導入した施策を実施。本記事は前篇・後篇の2本立てで公開。前篇となる本記事では、コロナ禍など不測の事態を乗り越え進化するタクシーサイネージメディアの今を紹介する。

タクシーサイネージメディア「GROWTH」が2022年10月にリニューアル。「移動時間に、新体験を。」を目指した、その内容とは?

タクシー内の情報番組「HEADLIGHT」イメージ

タクシーの車内のサイネージに動画広告が流れていても不自然さを感じなくなっている。それは一方で、見慣れてしまったことを意味している。「またいつもの広告が流れている…」と利用者に思われてしまえば、注目率は落ちかねない。

ニューステクノロジーは、2019年4月に「GROWTH」のサービス開始後、今や東京都内最大を誇る12,500台のタクシーに搭載されているタクシーサイネージメディアを運営。順調に成長をし続けてきたものの、現状に危機感を覚えていた。そこで同社は、2022年10月に大幅な媒体リニューアルを実施。その狙いについて聞いた。

コロナ禍にも関わらず広告出稿が復活。その理由は正確なデータの提供にあった

タクシーサイネージメディアは、都内の場合はタクシーはビジネスパーソンの利用が多いため、決裁者層に情報を届けやすいという点が特徴として挙げられる。同社によれば、東京23区のタクシー利用者のうち4割が会社員、3割が経営者と7割以上がビジネスパーソンであり、「GROWTH」ではビジネスパーソンを含む月間820万人のタクシー利用者に向けて情報を届けることができる。

しかしコロナ禍、特に2020年3月の緊急事態宣言後には出稿が一時的に落ち込んだ。出稿する企業側も経験したことのない初めての事態であり、「とりあえず出稿を見合わせた」という経緯がある。しかし、当初は長引くと思われた出稿控えも、思いのほかすぐに回復したという。

その理由の1つが、「利用者数をデータとして出稿企業に提供できたこと」だ。タクシーのメーターが実車になるとタブレットの映像がスタートする仕組みであるため、1日単位でも時間単位でも、何人が乗っているかを把握することができる。広告メニューもインプレッション課金型に変更し、お客様が乗った分を請求する仕組みに変更。「正確なデータを広告主・代理店に提示することで、ある種の信頼感があったのではないか」とニューステクノロジーでは考えている。

大幅なサイズアップにより、閲覧後のアクションにつながりやすいメディアに

今回の大幅な媒体リニューアルが行われたのは2022年10月。タクシー利用者に一歩先の新しい移動体験を提供するべく、新しいコンセプトとして「移動時間に、新体験を。」を掲げ、ハード・ソフト(放映コンテンツ)ともに刷新した。

まずハード面は、旧型と比較して156%サイズアップし、Full HDの解像度で高精度に放映が可能なサイネージを開発。15.6inchという大画面となった。またサイズが大きくなったことで画面表示に余裕が生まれ、画面上にサイドバナー・メニューバナーを備え、サイドバナーでは詳細情報やQRコードを表示させることでメインスクリーンの情報の補足が可能に。

メニューバーでは、電子決済や画面・音声オフ、クーポンの表示が常時可能となった。これにより「見る」がメインだったコンテンツに、操作性が生まれ、閲覧後のアクションにつながりやすくなることで、タクシーサイネージの活用に様々な可能性が生まれた。手で触れられる距離にある端末というタクシーサイネージの特徴を、これまで以上に活かせることになる。

昨年10月のリニューアルでサイズアップした「GROWTH」新型サイネージ

最近の事例では、映画『貞子DX』のプロモーションの一環として行われた「貞子タクシー」の企画がある。サイネージのメニューバーをタッチし、画面にでてきたQRコードをスマホで読み取ることで、まるでサイネージから貞子が飛び出てくるような迫力のある演出をAR技術によって実現した。

まるで貞子が這い出るような演出のAR技術を用いた「貞子タクシー」

タクシー車内オリジナル番組コンテンツを配信。すでにBtoC企業の利用も進む

ハード面の更新に合わせて行われたソフト面の刷新が、情報番組「HEADLIGHT(ヘッドライト)」という、タクシー車内の番組コンテンツの開始だ。2022年10月のハード刷新に併せて放映を開始し、MCにはフリーアナウンサーの青木源太さんとタレントの山崎怜奈さんを起用。「知る、買う、出かける。新体験ぞくぞく。」を番組テーマとし、週替わりでタクシーオリジナルの情報コンテンツを放映している。

ニューステクノロジーでは「HEADLIGHT」の存在により、BtoC向けにビジネスを展開する企業にもタクシーサイネージがより有用になると考えている。最新のBtoC企業との取り組みとして挙げられるのがbydesignが手がけるカスタムオーダーの家具ブランド「KANADEMONO」とのコラボレーション企画だ。

「HEADLIGHT」のコーナーである、画面に表示されるQRコードから買い物が楽しめるコーナー『買いタク!』と、東京の新体験スポットを紹介するコーナー『東京新体験』にて、11月28日週から3週連続で「KANADEMONO」を紹介。20秒という短い放映時間の中で、自宅・オフィスどちらにも似合う「KANADEMONO」の魅力を訴求し、タクシーを利用するビジネスパーソンの認知向上だけでなく、購入を促す要素まで詰め込むことを実現した。

ではBtoCブランドでのタクシーサイネージの活用に効果はあったのだろうか。

本記事の後編として「KANADEMONO」を手掛けるbydesignのインタビュー記事を掲載予定だ。

■「日本のメディア」はこちら

成功事例の要因をよく知る宣伝会議のコンシェルジュが、貴社のさまざまな悩みを「日本のメディア」の登録メディアや独自のネットワークから解決に導きます。



「日本のメディア」ご利用のお問い合わせ
株式会社宣伝会議 新規事業開発部
EMAIL:jpm@sendenkaigi.co.jp

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事