福岡コピーライターズクラブ「FCC賞2022」応募は2月14日まで

福岡コピーライターズクラブは9日、「FCC賞2022」の募集をスタートした。2月14日まで応募を受け付けている。

2022年2月1日から23年1月31日までに掲載ならびに放送された広告作品。FCC会員、非会員を問わず応募可能だ。

今回の審査方針は「発明してる?」。

ニュートンが「万有引力」を発見したとき、
普通の人々の多くは「それがどうした?」と
思っただろう。物が下に落ちることも、
物に重さがあることも、昔から知っていた。と。
でも、その法則を利用した「はかり」が
発明されたとき、人々は「それはいい!」と
ようやく興味を持っただろう。
世の中には「それがどうした?」が
あふれている。それを「それはいい!」に変える
「発明」があるクリエーティブをお待ちしています。

今回は特別審査員に博報堂ケトルの皆川壮一郎氏を迎える。その他、昨年の最高賞を受賞した久冨和寿氏(九州博報堂)や、会員審査員として今井美緒氏(BBDO J WEST)、北川譲氏(電通九州)、下津浦誠氏(BBDO J WEST)、永野弥生氏(電通九州)、左俊幸氏(電通九州)、古屋彰一氏(BBDO J WEST)、和久田昌裕氏(電通九州)が審査にあたる(うち永野氏はFCC代表、和久田氏は副代表)。

応募期間を経て、4月8日に公開審査会を実施予定。審査会の様子はリアルでもYouTubeでも視聴可能だ。

応募の詳細はFCCサイトにて。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事