インテルがクリエイターの作品や制作機材など展示「Blue Carpet Fes」開催

2022年3月に始動した「インテル® Blue Carpet Project」。インテルは同プロジェクトを通じ、さまざまなプラットフォーム、さまざまな創作ジャンルで優れた作品を生み出し、新たな挑戦をし続けるクリエイターを支援している。開始から1周年を迎えたプロジェクトの今後の展望を聞いた。

【関連記事】
クリエイターを支援 第13 世代CPU で 快適な制作環境に「インテル Blue Carpet Project」

インテルは、3月20日から24日の5日間、「インテル® Blue Carpet Fes 2023 Spring 〜Creator Works Exhibition〜」を開催した。本イベントでは、「Blue Carpet Project」に参画しているクリエイターの作品を展示会形式で紹介。

イベントは3月20日から5日間、東京・丸の内の特設会場で開催された。

会場では、20人を超えるクリエイターの作品だけでなく、制作機材などもあわせて展示した。会場とWebサイト上では、松山周平氏、フジモトタカシ氏、ケイゴイノウエ氏のワークフローを見ることのできる映像も公開した。

本プロジェクトを担当するインテルの工学博士/技術本部 部長 安生健一朗氏は、次のように話す。

「モーショングラフィックデザイナーのヨシダタカユキさんや、CCアーティストのYUKARIさんをはじめ、イラストレーターや京仏師、ダンサーなど、既存の枠組みに関係なく、PCを活用しているクリエイターはもっといると考えています。そのため、本プロジェクトでは、ジャンル問わずさまざまなクリエイターの方にPCを活用してもらっていることを伝えたり、コミュニティの中でコラボをして新しい作品を生み出せたりすることができたらいいなと思っています」。

プロジェクト開始以降、口コミなどで参画クリエイターが増え、2023年3月現在、62社の企業と28組のクリエイターが参加。1年が経過し、コミュニティとして自走し始める次のフェーズに入った。

各PCメーカーや学校法人、制作会社など62社と連携している。(画像:インテル提供)

クリエイターコミュニティ「インテル Blue Carpet Club」には28組のクリエイターが参画している。(画像:インテル提供)

同社は、PCメーカー各社との協力により、クリエイターのクリエイティブ活動やPCへの課題感に対応する最適なスペックのPCを提供。加えて、次世代クリエイターへのワークショップの実施、作品の展示機会の提供、メディア露出のサポートなど、クリエイター活動全般を支援している。

各クリエイターに提供された最新機器。スペックや持ち運びやすさなど、各クリエイターの作業環境にあわせた機材をクリエイターにヒアリングのもと提供している。(画像:インテル提供)

同社は、プロジェクトの今後の展望として、以下の3つを挙げた。

(画像:インテル提供)

「まだ今回のイベントは、スタート地点だと思っています。私たちは普段半導体をつくっているので、お客さんであるパソコンメーカーさんのその先にいるユーザーに直接話しかける機会はほとんどありません。このプロジェクトを通して、ユーザーが本当に喜ぶものを提供していかないといけないんだなと改めて感じました。“趣味や好きなことを始めてみよう”と思えるきっかけとしてのパソコンでありたいなと思います」(安生氏)。

今後もクリエイターや企業と連携し、クリエイティブ業界とクリエイターの支援を継続して行っていく。


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事