くいだおれ太郎がヤマハアーティストに仲間入り ヤマハ打楽器をアピール

ヤマハミュージックジャパンは4月18日、大阪名物のくいだおれ太郎とエンドースメント契約を締結した。4月24日には大阪・道頓堀でヤマハのコンサートスネアドラムの贈呈式を実施する。同ドラムは今後、くいだおれ太郎が装着する。同社はより多くの人にヤマハの打楽器をアピールしたい考えだ。

くいだおれ太郎(左)と贈呈されるヤマハ コンサートスネアドラム 「CSS-1450A」。

両者の初コラボは2017年9月、ヤマハのマーチングキャリア「9500シリーズ」の発売記念キャンペーンにさかのぼる。これまで接点のなかった人にヤマハのマーチング製品をアピールする目的で、マーチングキャリアを装着した、くいだおれ太郎が大阪・道頓堀の中座くいだおれビルで3日間展示された。くいだおれ太郎と一緒に撮影した写真や動画をSNSに投稿した人へのプレゼントキャンペーンを実施し、多くの人が撮影に訪れたという。

今回の契約により、くいだおれ太郎はヤマハの楽器を使用するアーティストの一人として世界で活躍するメンバーとともにWebサイトや製品カタログで紹介される。

ヤマハ製楽器の情報を発信するヤマハ・ウインドストリームのTwitterアカウントでは4月1日、「#エイプリルフール?」とハッシュタグをつけ、くいだおれ太郎とのエンドースメント契約を予告するような内容を投稿し、事前の話題づくりも仕掛けていた。




 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事