グランプリは「人生延長3日間」オンライン動画コンテスト「BOVA」結果発表

今回で第10回を迎えた、月刊『ブレーン』(宣伝会議刊)主催のオンライン動画コンテスト「BOVA(Brain online video award)」の受賞作品が、4月26日に発表された。

一般公募部門のグランプリは、ジェイアール東海ツアーズの課題「今すぐ旅に出たくなる動画」への応募作品「人生延長3日間」に決定した。制作者は松村紘世さん(博報堂)、内山岬さん(OND°)、富塚新之助さん(東北新社)ら。

「人生延長3日間」。

同作を手がけた、(左から)富塚新之助さん(東北新社)、内山岬さん(OND°)、松村紘世さん(博報堂)。

本作の主人公は「1度死んだものの、3日間だけ人生の延長が認められた男」。彼の人生で取り残された「いつかやりたかったこと」を必死に叶えようとする物語だ。そこで彼女である「のぞみ」を誘い旅に出ようとすると、死んだはずの彼に予想外の結末が訪れる。

「旅って、いつか行きたいと思いながら目の前のことで忙しかったり、ちょっと面倒だったり。つい先延ばしにしがちなもの。やりたいことを先延ばしにしてきた主人公の気持ちの変化を描き、見た人が今すぐ旅に出たくなる表現を目指しました」と制作チームではコメントしている。

また、広告主部門のグランプリは、小学館の漫画作品『アオアシ』の「数十秒のWEBドラマCM『4月のキックオフ』全11話シリーズ」が受賞した。

小学館『アオアシ』数十秒のWebドラマCM「4月のキックオフ」。

協賛企業からの課題に対して作品を募る「一般公募部門」では231点、2022年1月1日から同12月31日の期間に公開されたオンライン動画を対象とする「広告主部門」では133点、計364点の応募があった。

各部門のグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞は、下記の通り。受賞者コメント、各賞のスタッフリスト、ファイナリスト、最終審査員講評は、5月1日発売の月刊『ブレーン』2023年6月号に掲載している。また、BOVA公式サイトでも公開中。次回のBOVA(第11回)は、2023年11月1日に開始を予定している。
 

一般公募部門

◆グランプリ◆
タイトル:「人生延長3日間」
ジェイアール東海ツアーズ/今すぐ旅に出たくなる動画
松村紘世(博報堂)、内山岬(OND°)、富塚新之助(東北新社)

◆準グランプリ◆
タイトル:「天使の初恋」
サラヤ/「手肌と地球にやさしい」ヤシノミ洗剤を自由に表現した動画
宮本梨世(電通)、加納美帆(電通クリエーティブX)、臼井明里(ロボット)

◆審査員特別賞(3点)◆
タイトル:「代打おじさん」
みんなのマーケット/「くらしのマーケットか、それ以外か」をテーマにした動画
吉田洋晃(電通)、林賢五(OND°)、式井裕二(ニ番工房)

タイトル:「わたしの憧れ」
カシオ計算機/女性がG-SHOCKを着用したくなる動画
布垣森彩(アクセンチュア)、竹節駿也(アクセンチュア)、石川安夢(アクセンチュア)

タイトル:「はじめてのにほんご」
セブン‐イレブン・ジャパン/「いままでも、ずっとこれからも・・・」あなたにとってのセブン‐イレブンを表現した動画
大澤希美恵(電通)、亀谷遼輔(フリー)、足立耕基(アットアームズ)
 

一般公募部門学生部門

◆学生部門賞(2点)◆
タイトル:「新解釈版シンデレラ(強)」
カシオ計算機/女性がG-SHOCKを着用したくなる動画
小林友麻(武蔵野美術大学)

タイトル:「くらしたさん」
みんなのマーケット/「くらしのマーケットか、それ以外か」をテーマにした動画
又吉光(琉球大学)
 

広告主部門

◆グランプリ◆
小学館『アオアシ』/数十秒のWEBドラマCM「4月のキックオフ」全11話シリーズ

◆準グランプリ◆
日本ハム「シャウエッセン断髪式」

◆審査員特別賞(3点)◆
一建設「ハジメとケンとセツ」

M-1グランプリ2022×ウルフルズ「暴れだすV」

イエローハット+ピザハット+リンガーハット「ハット首脳会談」
 

BOVA特設サイトはこちら




 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事