ブラックサンダーのファンが考案した「公式グッズ」5商品が発売に

有楽製菓はファンコミュニティ「ブラックサンダー黒い広報室」の公式グッズを、5月1日に発売する。直営店2店舗と有楽製菓公式オンラインショップにて数量限定での販売となる。

「ブラックサンダー黒い広報室」は2021年4月に発足。ファンは「黒い広報員」として参加し、同社社員と共にブラックサンダーの魅力を日々発信・共創する活動を行う。2023年3月現在で2600人以上の登録者を抱える。

今回の公式グッズは、2022年9月6日の「ブラックサンダーの日」に開催した会議で発売が決定したもの。事前にメンバーがミーティングを重ねて練り上げた「本気でほしいグッズ」の企画案を、同社代表取締役社長の河合辰信氏にプレゼンし、承認を得た。

メンバーから事前に「実行委員」を募り、アイデアを練り上げた。

ブラックサンダーの日に開催された「ブラックサンダー超黒い広報会議(超黒会)」の様子。

発売される商品のラインナップは、お弁当箱、保冷バッグ、箸、ニット帽、缶バッジの5商品。いずれも黒地に稲妻やロゴが入り、商品を彷彿とさせるデザインとなっている。

弁当箱「つめて!雷神」

箸「つかんで!雷神」

ニット帽「しびれるニット帽」

保冷バッグ「いれて!雷神」

缶バッジ「毎日サンダー!」

有楽製菓 代表取締役社長
河合辰信氏

「ブラックサンダー黒い広報室」の代表者は今回の企画について、「約4カ月間、毎月オンラインで集まり9月6日のプレゼンの本番に向けてミーティングを重ねてきました。商品化されたのはもちろん嬉しいですが、企画に参加していただいた方と関係性を密にでき、企画を一緒に楽しむことができた時間こそが何よりの財産」と振り返る。

河合社長は「お客様と一緒に商品を作り上げることは弊社にとって初めての試みでしたが、検討の過程も含めて素晴らしい取り組みとなりました」とコメントしている。

【関連記事】
チョコの代わりは「カニ」?ブラックサンダーが未来のバレンタインを表現
「本命にチョコペンで『義理』」 ブラックサンダー「学生時代のバレンタインデーに関する調査」結果
社長が反省!?「これまで“義理”と言いすぎた…」ブラックサンダーが“自由な”バレンタインを提案


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事