テーマは「今を生き、未来をつくる笑顔」、箭内道彦氏「風とロック」20周年記念展開催

5月2日に設立20年を迎える、クリエイティブディレクター箭内道彦氏の「風とロック」。4月28日から東京・渋谷PARCO 4F「PARCO MUSEUM TOKYO(パルコミュージアムトーキョー)」にて、その20周年記念展「風とロックで みんな笑ってる」が開催される。

「風とロック」は、クリエイティブディレクター 箭内氏が博報堂を経て2003年に設立。CMやグラフィックの制作、企業や商品のブランディング戦略の立案と実施を活動のメインに置きながら、2005年4月にフリーペーパー「月刊 風とロック」を創刊した。本誌は「1冊3桁万円 の赤字を出し続けながら、『好きな人しか載せない』箭内道彦の超個人的な趣味雑誌」として、現在までに112号を発行している。また、観客とアーティストの距離が世界一近い福島の村祭り「風とロック芋煮会」の開催、毎週土曜深夜27時のTOKYO FM/JFNのラジオ番組「ラジオ風とロック」他、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」、PARCO「SPECIAL IN YOU.」、ゼクシィ「Get Old with Me.」など、メディア、映像、イベント、広告、アート、領域を横断しながら、風とロックは唯一無二のさまざまなクリエイティブを生み出してきた。

本展では、そんな風とロックのこれまでの活動やクリエイティブを展覧できる構成になっている。会場には、リリースから瞬殺で配布終了となるフリーペーパー「風とロック」のバックナンバーの実物が一堂に並ぶ他、様々なアーティストや俳優たちの瑞々しい表情が映し出される大型LEDも設置される。

 「月刊 風とロック」

そして本展では、風とロックとゆかりあるスペシャルゲストを迎え、箭内氏が11日間連続でトークに臨む。参加するゲストは、Char(4月28日)、石崎ひゅーい・松田晋二(4月28日)、亀田誠治・Mummy-D・辻川幸一郎・児玉裕一(4月29日)、宇川直宏(4月30日)、大石昌良(5月1日)、内田也哉子(5月2日)、高橋優(5月3日)、マンボウやしろ(5月3日)、増子直純・渡辺俊美(5月4日)、石川さゆり・レキシ(5月5日)、LOW IQ 01・ホリエアツシ(5月6日)、オダギリ ジョー(5月7日)、岡山天音(5月7日)、森田剛・長久允(5月8日)の各氏。このトークでは、3つのラジオ番組の公開収録や東京藝術大学美術学部デザイン科箭内道彦教授らによる特別公開授業も行う。

なおトークイベントへの参加は、展覧会会場にて入場チケットを購入した人が対象で、先着にて当日のトークイベント観覧参加整理券を配布する(5月6日、8日を除く)。

箭内氏は本展の開催にあたり、「20周年を機としたこの展覧会は、史の振り返りではなく、今を生き、未来をつくる『笑顔』を主題に据えています。記念展ですが回顧展でなく企画展です」と話している。

風とロック特別編集版のPARCO CRUISEを渋谷PARCOのWebサイトで公開している他、「月刊 風とロック」の最新号となる112号は、全国のタワーレコード他、展覧会場にて特別限定配布中。さらに会場では、公式ブックレットやグッズの販売もある。

風とロック20周年記念展「風とロックで みんな笑ってる」
会場:
<展覧会>PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
<トークイベント>ComMunE(渋谷PARCO 10F)
会期:
4月28日(金)~ 5月8日(月) 11:00-21:00
※入場は閉場の30分前まで ※最終日18時閉場
入場料:
一般 500円(税込)、小学生未満無料


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事