「ポカリスエット」リターナブル瓶の切り絵アニメ公開、中村佳穂やOSRINが参加

大塚製薬は5月10日から、同社が展開する繰り返し使える「ポカリスエット リターナブル瓶 プロジェクト」のWeb動画「スカフィンの歌」を公開している。

ポカリスエットを飲んだ子どもとリターナブル瓶の「瓶くん」が回収ボックスにたどり着くまでの山あり谷ありのストーリーを、アニメーター 土屋萌児氏による切り絵アニメーションで表現した。作詞・作曲や歌を中村佳穂が、演出をKing GnuのMVなどを手がける映像作家/アートディレクターのOSRINが担当している。

「スカフィン」とは瓶が繰り返し使用されることで刻印されていく線のことだ。

大塚製薬/ポカリスエット「スカフィンのうた」。

同社では2022年7月から「イオン」や「イオンスタイル」にて、飲んだ後に繰り返し使える「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を販売中。循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」を活用していて、使用済みの瓶は店頭に設置したLoop専用返却ボックスを利用して回収。洗浄、再充填を行い販売している。

「当社の循環型社会実現に向けた容器包装や回収システムの開発などの取り組み、そして『未来のために今できることを考えよう』という想いをより多くの皆さまに知っていただくために、動画の制作に至りました」と大塚製薬 ニュートラシューティカルズ事業部 宣伝部次長 上野隆信氏。

映像の制作には約4カ月半を費やした。

企画を担ったのは、「ポカリスエット」のブランド広告を担当してきた、なかよしデザインのクリエイティブディレクター 正親篤氏。

「アニメーション担当の土屋さんの、突出した圧倒的で狂気的とも言える表現。丁寧に時間をかけて物をつくるということは、実はそれだけで人の心を動かすのだなという気付きもありました。リターナブル瓶の取り組みに対して理解や共感をした上で、土屋さん、OSRINさん(演出)、中村さん(音楽)の3人が心を込めながら定着に向けて進んでいき、3人の仕事への姿勢がリターナブル瓶という商品のあり方とうまく重なったように思います」と振り返った。

制作の背景を追ったメイキング動画も同時に公開されている。

「スカフィンのうたが出来るまで」。

 

スタッフリスト

  全体

企画制作
電通+なかよしデザイン+SPOON
CD+AD+企画
正親篤
C
磯島拓矢
CPr
豊岡将和
Epr
大桑仁
Pr
小松圭介
PM
かけいなみ
演出
OSRIN
アニメーション
土屋萌児
カラリスト
TOSHIKI KAMEI
カラータイマー
廣瀬亮一
編集(オンライン)
泉陽子
作詞+作曲+歌
中村佳穂
作曲+音楽Pr+MIX
MASAHIRO KITAGAWA
録音+MIX
奥田泰次
MIX
清水天務仁
PRプランナー
横川愛未
AE
小杉和香

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター




 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事