日清紡の歌うテレビCM 第三弾は「世界一幸せな動物」クオッカが熱唱

日清紡ホールディングスは4月20日から、新たなテレビCM「歌おう!ニッシンボー クオッカ篇」の放映を開始した。

このCMは「うま」篇と「カワウソ」篇に続く「歌おう!ニッシンボー」シリーズの第3弾となる。今回はオーストラリアに棲息するクオッカが、昭和のアイドルソングのようなリズムで「何をやってるかは知らない~、名前だけしか知らない~、好きになってもいいですか~♪」と歌い、バックダンサーのクオッカが踊りながら「ニッシンボー♪」と合いの手を入れる、という内容になっている。

【関連記事】
第1弾:「♪日清紡~何をやってるかは知らない~」のCM、3頭の馬はフルCGだった
第2弾:3匹のカワウソが「ごめんなさいね~♪」日清紡の新CM 第2弾もフルCG


「クオッカの歌とダンスに魅了されて、日清紡グループのことを好きになってくれる人がひとりでも多く増えて欲しいと考えています」と話すのは、日清紡ホールディングスの喜田清弘氏。同氏は今回の第3弾でのオーダーについて、次のように説明する。

「2012年にスタートした『ドッグシアター』シリーズから、一貫して“日清紡”の名前を覚えてもらうことを目的にテレビCMを放映しています。その軸は変えず、クリエイターの皆さんには『歌おう!ニッシンボー』シリーズの3作目として、『馬、カワウソに負けないCMを』とだけオーダーしました」(喜田氏)。

そこで選ばれた動物がオーストラリアに生息している「クオッカ」だった。

第1弾の「うま」篇から本CMに携わる電通Creative KANSAIのプランナー 小堀友樹氏は、今回のCMについて「クオッカはくりくりとした丸い目と、発達した頬の筋肉・骨格により、笑っているように見えるのが特徴。『世界一幸せな動物』とも呼ばれています。そんなクオッカが、80年代のアイドル風のオリジナルソングを歌い上げます。後ろで踊るダンサーの表現力にもご注目ください」と話している。

スタッフリスト

企画制作
電通 Creative KANSAI+ワトソン・クリック+春企画東京
CD+企画+C
中治信博、古川雅之
企画+C
小堀友樹
CPr
森田大介
Pr
石川博之
PM+Pr
津田美由
演出
真田敦
撮影
阿藤正一
美術
荻原麻子
編集
井村未幸、佐藤悠太
CG
LiNDA ZOO
音楽
緑川徹、河副洋之
SE
望月久美子
MIX
太斉唯夫
振付
ムライマユ
AE
鈴木浩然、石崎徳康

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


 

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事