ChatGPT活用しサントリーがWebCM制作 AI部長が修正案を提案

写真 CM カット SUNTORY

サントリー食品インターナショナルは6月6日、ChatGPTを活用し制作したWebCM「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」を公開した。同製品のリニューアルを伝えるべく、新しい表現を模索していた中で生まれた。同日夜には、一夜限りでテレビCMの放映も予定している。企画制作はチョコレイト、AOI Pro.。

サントリーの同製品の担当者によれば、本CMはChatGPTを使う中で偶然生まれたという「AI部長」が制作の総指揮をとった。

新しいWebCMのキャストは誰が良いかを「AI部長」に相談したところ、声優の白井悠介を推薦する回答があった。また、「『やさしい麦茶』に発芽大麦が入ったこと」を伝えるCMの内容も相談。AI部長からは、「発芽大麦が入ったポイントを訴求したいから」と、<CM案修正版>というフィードバックがあり、CMはこのフィードバックをもとに制作した。

写真 書類 CM案

CMは白井さんが靴下を手に付け、手を振るシーンからスタート。その後、突然白井さんがバレエダンサーとなり高速回転したり、周りでボウリングのピンが踊る中、ダブルピースで「やさしい麦茶」を飲んだりと予想外な展開に。

さらにラストシーンでは荒野でダンサーを引き連れながら、夕日にそびえ立つ「やさしい麦茶」へ向かって歩く場面が映し出されるなど、急な展開が次々に起こる、AIならではの奇想天外な内容となっている。

advertimes_endmark




この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事