ADK入社式で、大山CEOのAIクローンが新入社員を歓迎 オルツと共同制作

2024年4月1日に行われたADKグループの2024年度入社式に大山俊哉CEOのAIクローンが登場した。このAIクローンは、パーソナルAIの開発を行うベンチャー企業オルツと共同制作をしたもので、入社式が行われた会場ロビーに設置された。新入社員が自分の名前を伝えると、一人ひとりに合ったメッセージがその場で生成される仕組みだ。

今回の「AI―CEO」企画は、ADKグループ内でAI戦略を検討・実行する社内横断組織「AI CoE(Center of Excellence)」が主導して実現したもの。未来のADKグループを担う新入社員に、最新のテクノロジー体験を通じて、顧客体験の重要性を体感してもらうことを目指して企画されたという。

新入社員125名のプロフィールを事前に学習し、それぞれに最適な歓迎メッセージをアウトプットする生成AIソリューション。
advertimes_endmark




この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事