BOVAグランプリに「Let’s ギューリッシュ」 短尺・縦型増加で作品傾向に変化

月刊『ブレーン』(宣伝会議刊)主催のオンライン動画コンテスト・第11回「BOVA(Brain online video award)」の受賞作品が、5月1日に発表となった。BOVA公式サイトおよび月刊『ブレーン』2024年6月号の誌面上で掲載されている。

協賛企業からのお題に沿ったオリジナル動画が対象の〈一般公募部門〉のグランプリは、ロッテ/クーリッシュの課題「『クーリッシュ、チョー飲みたい』そんな気持ちになる動画」への応募作品「Let’s ギューリッシュ」に決定した。制作者は村上るり子氏(BBDO J WEST)、泊香澄氏(ワンダーランドハウス)ら。

第11回「BOVA」の〈一般公募部門〉でグランプリを受賞した、ロッテの課題「『クーリッシュ、チョー飲みたい』そんな気持ちになる動画」への応募作品「Let’s ギューリッシュ」。

「聞いてもいない『俺検定』に合格させてくる男性」「『それってあなたの感想ですよね』という息子の口ごたえ」「相槌が早すぎる後輩」など、苛立ちから思わず「クーリッシュ」をぎゅっと握りしめたくなってしまうような8つの場面を「ギューリッシュ」と表現。動画は約160秒で、最初と最後はアニメーションで視聴者への呼びかけが入り、その間は10~20秒の短いエピソードが段積みになっている。


イメージ 「Let's ギューリッシュ」

最終審査員であるPARTYのクリエイティブディレクター 眞鍋海里氏は本作に関して、「企画としての総合点が高かった。『怒り→冷やし』という、うまくユーザー心理を使った設計の巧さも秀逸で。『ギューリッシュ』というワーディングも商品との関係性やSNS上での拡がりも期待できる設計になっている。どこか憎めない男の子のキャラクター設計も上手いバランスだった」と評価した。

また本年は短尺もの、縦型による表現の動画が多数入賞。全体を通じて「今年は短尺や縦型の力作が急増していて、今までのBOVAの流れとは違った強い読後感のある作品に出会えたのが特徴的だった。尺や矩形のフォーマットを超えて作品の自由度が拡張した分、コアになるアイデアや切り口の発見力が問われているように感じた」(神田祐介氏)、「見応えのある『3分の長尺物語』というこれまでのBOVA 感あふれる力作のほかに『コンパクトなショートストーリーの心地よい積み重ね』というタイパ時代の今を象徴する力作を評価している自分が新しかった」(なかじましんや氏)といった傾向が見られた。

また、企業や団体が2023年1月1日~12月31日にかけてオンライン上で公開した動画が対象の〈広告主部門〉のグランプリは、一般社団法人ABJ「STOP! 海賊版『ありがとう、君の漫画愛。』ミュージックビデオ」が受賞した。

〈広告主部門〉のグランプリを受賞した一般社団法人ABJ「STOP! 海賊版『ありがとう、君の漫画愛。』ミュージックビデオ」。企画制作は博報堂・博報堂プロダクツ。

今回の「BOVA」では、〈一般公募部門〉では362点、〈広告主部門〉では130点、計492点の応募があった。

各部門のグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞は、下記の通り。

また受賞者コメント、各作品のスタッフリスト、ファイナリスト、最終審査員からの上位受賞作品への講評、最終審査員からの全体講評は、5月1日発売の月刊『ブレーン』2024年6月号に掲載されている。

月刊『ブレーン』2024年6月号はこちら

BOVA公式サイトでは、上記の情報に加えて、ファイナリスト作品への審査員講評を公開。さらに一次審査員からの全体講評も順次掲載予定

〈一般公募部門〉

◆グランプリ◆
タイトル:「Let’s ギューリッシュ」
ロッテ/「クーリッシュ、チョー飲みたい」そんな気持ちになる動画
村上るり子(BBDO J WEST)、泊香澄(ワンダーランドハウス)

◆ゴールド◆
タイトル:「夢役者たち、失業する。」
Koala Sleep Japan/15 秒でコアラマットレスを買いたくなる動画
杉井すみれ(電通)、小形翔(ギークピクチュアズ)、川崎拓也(VOYAGER)

◆シルバー(3点)◆
タイトル:「青春C面」
サントリー食品インターナショナル/「C.C. レモンと共に過ごす爽快な青春の1ページ」を描く動画
三輪夏未(電通)、鈴木亜未(二番工房)、淺田友梨(OND°)

タイトル:「もしもこの時代にC.C. レモンが爆爆爆爆爆誕したら」
サントリー食品インターナショナル/「C.C. レモンと共に過ごす爽快な青春の1ページ」を描く動画
宮田和弥(電通)

タイトル:「JEWELRY」
U-NEXT HOLDINGS/USENとU-NEXT が生み出した「エンタメ」が、人々の生活を豊かにしてきたことを表す動画
大井椋介(博報堂)、齋藤大知・永井農(博報堂プロダクツ)

◆学生部門賞(2点)◆
タイトル:「おいおい~な1日」
サントリー食品インターナショナル/「C.C. レモンと共に過ごす爽快な青春の1ページ」を描く動画
又吉光(琉球大学)

タイトル:「快眠のプレゼント」
Koala Sleep Japan/15 秒でコアラマットレスを買いたくなる動画
柴田皓耀・大村光里・新田美沙希(名古屋学芸大学)

〈広告主部門〉

◆グランプリ◆
一般社団法人ABJ「STOP!海賊版『ありがとう、君の漫画愛。』ミュージックビデオ」

◆ゴールド◆
MIXI「ホントにあった #俺たちのモンストーリー 2023」

◆シルバー(3点)◆
カプコン「バイオ名作劇場~ふしぎの村のレオン~」
関西電気保安協会「相方が関西電気保安協会になってしまった男」
ロッテ「バレンタインのせいにして。2023」

〈第11回「BOVA」最終審査員〉(五十音順・敬称略)

・明石ガクト(ワンメディア 代表取締役 CEO)
・太田郁子(アクセンチュア Accenture Song マネジング・ディレクター)
・川村真司(Whatever チーフ・クリエイティブ・オフィサー/Co-Founder)
・神田祐介(神田商事 クリエイティブディレクター/CMプランナー)
・佐藤雄介(電通 zero クリエイティブディレクター/CMプランナー)
・Jo Motoyo(TOKYO management ディレクター)
・なかじましんや(CMディレクター/東北新社エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター)
・間部奈帆(博報堂 クリエイティブディレクター)
・眞鍋海里(PARTY クリエイティブディレクター)

〈第11回「BOVA」一次審査員〉(同)

ディレクター
・池田 萌(太陽企画 ディレクター)
・伊勢田世山(GLASSLOFT ディレクター)
・隈本遼平(AOI Pro. ディレクター)
・金野恵利香(TYO WHOAREYOU ディレクター)
・洞内広樹(電通クリエーティブX ディレクター)
プランナー
・片岡良子(CHERRY コピーライター)
・小島翔太(博報堂 クリエイティブディレクター、コピーライター)
・鈴木晋太郎(電通zero クリエイティブディレクター、CMプランナー、コピーライター)
・水本晋平(電通 zero クリエーティブディレクター、CMプランナー)
・吉兼啓介(HAKUHODOCABIN CM プラナー、クリエイティブディレクター)

※月刊『ブレーン』2024年6月号はこちら

※「BOVA」特設サイト 受賞作品一覧ページはこちら

advertimes_endmark




この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事