「コンペは負けまくり……」山﨑晴太郎さんがデザイン会社を起業するまで

企業のマーケティング施策が効果の最適化に向かい、明確な成果が求められるようになる中で、それぞれのクリエイターの仕事と役割はどのように変化していくのでしょうか。それはまた、キャリアや仕事のスタイルにもどのように影響を与えていくのか――。実際のプロジェクト例なども交えながら、考えていきます。
※本記事は月刊『ブレーン』2024年6月号 「広告」多様化の時代 クリエイターの仕事と役割はどう変わる? に掲載している内容から転載しています。
詳細・ご予約は《こちら》 ※Amazonページに移行します。

クリエイティブ職で活躍する人の中には、特定の分野だけでなく、さまざまな分野に関心を持つ人も多い。クリエイティブディレクターの山﨑晴太郎さんは美術大学出身ではないものの、演劇、写真、映像、空間デザインなどに幅広く興味を持ち、学んできた。多様な経験が自身のキャリアにどのように影響しているのだろうか。

写真 人物 個人 山﨑晴太郎

セイタロウデザイン クリエイティブディレクター
山﨑晴太郎(やまざき・せいたろう)

セイタロウデザイン代表/クリエイティブディレクター。JMC取締役兼CDO、プラゴCDOも務める。「社会はデザインで変えられる」という信念のもと、デザインブランディングを中心に、多様なチャネルのアートディレクション・デザインを手がける。

異なる分野の原体験が表現に役立つ

いろいろな分野を勉強していますが、メインであるグラフィックデザインだけは自己流です。さまざまな場面で得た経験、身につけた知識が役に立っています。

昔から表現することが好きでした。幼少期から20年ほど演劇を続けていて、大学では現代文化学科で写真を勉強。在学中にはバックパッカーとして旅をしながら、ストリートチルドレンなどを撮っていました。

並行してクラブイベントのオーガナイザーもしていて、フライヤーを毎日つくっていたのが、グラフィックデザインの始まりです。その時から、クラブでストリートチルドレンの写真を展示するなど、「分断されているところにクリエイティブを繋ぐ」活動に意味を感じていました。これは今の考え方にも繋がっています。

写真を撮るうちに、点の表現である写真が連続する映像表現に興味を持ち、ニューヨークの映画制作の専門学校に留学。帰国した時には大手企業の選考が終わっていたのですが、制作会社のクリエイティブ職を中心に受けていましたね。

映像制作の知識や多様な経験を評価していただき、営業職や映像ディレクターなどいくつか内定をいただいたのですが、「なるべくいろいろなクリエイティブに関わりたい」という思いで、ベンチャーのPR会社のクリエイティブ職に。入社後はPRツールのデザイナーとしての仕事がメインで、化粧品や飲料業界のクライアントを担当しました。

当時は未経験ながらもう少しできると思っていましたが、コンペは負けまくりで、いちデザイナーとして土俵に上がることもできず、とても悔しかった覚えがあります。デザインの勉強をしたことがなく、技術的な指導をしてくれる先輩もいなかったため、自分でやるしかない。当時は、書店でデザイン系の書籍が出たら必ずすぐ読むようにしていました。

クライアントの担当者は百戦錬磨の方も多く、赤入れも上手。制作したデザインを見せたら「ラフですよね?」と聞かれてしまったこともあり、その後の提出をどうするか、とても悩んだという苦い記憶が今でも残っています。

3年目になり、仕事に慣れていくうちにジャンルに分かれた仕事だけでなく「デザインできるもの全てをつくりたい」と思い、学生時代の仲間と独立。デザイン事務所の社長として、単価の低い仕事でもとにかく受けていました。

内容はバナーや雑誌広告、飲食店のメニュー表などさまざま。経営には苦労しましたが、デザイナーと経営者の両方の視点を経験する中で「利益よりもデザインを重視しよう」と振り切ることに。それからは地道な仕事が評価されたのか、少しずつ仕事が増えていったと思います。

パース・イメージ CDエナジーダイレクトのコーポレートリブランディング
山﨑さんが手がけた、CDエナジーダイレクトのコーポレートリブランディング。パーパス設計からロゴ、ブランドムービー制作まで、リブランディングプロジェクトを一貫して担当。揺るがないブランドイメージを打ち出した。

僕の仕事には2つの原体験が生きています。ひとつは演劇。化粧品の仕事をするときは実際にアイライナーを手に取って使用する。役づくりと同じように感覚をつかみます。もうひとつは、写真です。撮影時には自分の感覚を信じて美しさを瞬時に決める必要があり、この習慣は今の仕事にも役立っています。

僕のように、人と違うことをやっているから人と違うところに行けることもあります。キャリアを変えたい人には、今の人生に価値を感じた上で、新しい挑戦をしてほしいですね。

写真 店舗・商業施設 ひらまつ「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」
ひらまつ「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」/ホテル開発・サービスブランディング。ホテルブランドの新店舗開発にあたり、コンセプトやサービス設計、VIレギュレーションの開発などをトータルに手がけた。

advertimes_endmark

月刊『ブレーン』2024年6月号

【特集】「広告」多様化の時代 クリエイターの仕事と役割はどう変わる?


写真 パース・イメージ 月刊『ブレーン』2024年6月号の内容

詳細・ご予約は《こちら》※Amazonページに移行します。

▼特集のトピックス

  • スタッフリストからおさらい
  • 広告制作の基本フロー
  • オンワード樫山/23区
  • 「23区JAPANESE WOMEN’S
  • STANDARD Anne in TOKYO」
  • Netflix『三体』
  • 「YOU ARE BUGS
  • お前たちは、虫けらだ」
  • 阪神タイガース
  • 「Thank you,89!
  • 野球よ、ありがとう。」
  • AIが浸透する未来
  • CDとADの役割は
  • どう変わる?
  • 奥野圭亮(CD)×井本善之(AD)
  • 自分なりの
  • 研究テーマを持つことが
  • 仕事を豊かにする
  • 引地耕太(CD)×赤川純一(TD)
  • 「ゴールを決める人と
  • ゴールまで連れていく人」
  • 城殿裕樹(Pr)×荒木一也(PM)
  • 異業種・他部門からクリエイターへ
  • 「私のキャリア」
  • 植木沙織(東急エージェンシー)
  • 山﨑晴太郎(セイタロウデザイン)
  • 中島優子(ビーコンコミュニケーションズ)




この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事