無料広告モデルから有料モデルへ舵を切る、ネットメディアの転換期(境 治)

「AdverTimes.(アドバタイムズ/アドタイ)」は2024年6月に20周年を迎えました。2004年に新聞として創刊、2010年からオンラインがスタートし現在に至ります。
20周年の節目に際し、これまでのコラム執筆者の皆さんから寄せられた、それぞれの領域における「これまでの20年とこれからの20年」を紹介します。

境 治氏

(メディアコンサルタント)

――これまでの20年間で、ご自身のお仕事の領域や関心領域において、エポックメイキングだったと思われることはなんですか

2010年代にSNSがみるみるうちに普及したことが最もエポックな出来事でした。メディアと人々の関係が大きく変わり、一方通行から双方向になり個人が情報発信できる状況がやってきました。ネットでのメディアの成長をSNSが支えた一方で、マスメディアは相対的に影響力が下がりました。

そしていま、新たなエポックが起こりつつあります。SNSで詐欺広告やインプレゾンビが横行し、あっという間に荒廃し始めています。ネットがマスメディアに代替されると思っていたら、両方ともに崩壊しかねない状況です。いま新たなエポックが起こっていると思います。

――現在のご自身のお仕事の領域において、最も関心を寄せる/寄せられるべき課題は何だとお考えですか

生成AIの仕事への活かし方が最も関心を寄せる課題です。記事を書くことが多いのですが、その過程で生成AIを使うことで、これまでより作業が効率化されたり、時間が短縮できそうです。ただ、いまは試行錯誤の段階で、さまざまに試すうちにかえって時間がかかってしまっています。

また生成AIも発展途上で少し前にできなかったことができるようになったりします。一方その能力を信じてアウトプットまで託そうとすると誤りも犯すので限界があります。どの作業をどこまで任せれば効率的か、自分にとっての方法論を定めていきたいと考えています。


次のページ
1 2
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事