「どうしたいか」を考え、定義することが最大のポイント(藤村厚夫)

「AdverTimes.(アドバタイムズ/アドタイ)」は2024年6月に20周年を迎えました。2004年に新聞として創刊、2010年からオンラインがスタートし現在に至ります。
20周年の節目に際し、これまでのコラム執筆者の皆さんから寄せられた、それぞれの領域における「これまでの20年とこれからの20年」を紹介します。

藤村 厚夫氏

(スマートニュース フェロー)

――これまでの20年間で、ご自身のお仕事の領域や関心領域において、エポックメイキングだったと思われることはなんですか

「AdverTimes.(アドバタイムズ/アドタイ)」、開設20周年おめでとうございます。

私自身の仕事に、この20年で最もインパクトのあったできごとは「スマートフォン」の出現です。私が創業した会社が株式公開したのが2007年でしたが、その成長と危機を生んだのもスマートフォン(モバイル)の津波が大きな影響を与えました。

よって、ネットメディア専業企業から、改めてモバイル専業企業への模索を、自分自身のキャリアとして選択することになりました。

――現在のご自身のお仕事の領域において、最も関心を寄せる/寄せられるべき課題は何だとお考えですか

現在の最大の関心事は、「AIがメディアに与えるインパクト(あるいは可能性)」です。

ひとつめの設問で過去20年の間での最大の出来事は「スマートフォン」(モバイル)の出現と回答しましたが、それに匹敵する津波と感じています。メディア(媒体)ビジネスにとって、最大の課題も可能性も、AIから生み出される可能性があると信じます。

というのも、「メディアという定義」そのものが変化する可能性があるからです。解決の方策は、自分が欲しいものを改めて考えて、創造するということではないでしょうか。


次のページ
1 2
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事