青山商事、ビジネスシーンにおける服装への不安を解消する特設サイトをオープン

青山商事は6月6日、ビジネスパーソンの仕事服選びをサポートするWebサイト「みんなのシゴト服ずかん」をオープンした。

写真 Webサイト「みんなのシゴト服ずかん」。

Webサイト「みんなのシゴト服ずかん」。

Webサイト「みんなのシゴト服ずかん」では、「シーン」「シーズン」「業界」「職種」で条件を絞りこむと、全身のスタイリングが着用率ごとのランキングで表示される。さらに、気になったスタイルをクリックすると、世代別の着用率もみることができる。また、「スタイルの説明」として、着用しているアイテムや色などで11スタイルに分類し、紹介している。

「みんなのシゴト服ずかん」の開発は、青山商事とNewsPicksが共同で運営する、新しい時代の「ビジネスウェアの在り方」を模索する共創コミュニティ「シン・シゴト服ラボ」のプロジェクトの一環として実施した。

「シン・シゴト服ラボ」プロジェクトでは2023年8月に、洋服の青山アプリ会員(学生を除く)10代~60代の男女4763名を対象に「仕事服についての意識調査」を実施。調査結果では、約5割の人が「会社に、服装に関する明確なガイドラインがない」と回答し、さらに、若手社員の約4割が社外に出向く際の服装に悩んでいることが分かった。これらの結果を受け、若手社員の仕事服の悩みに着目した「みんなのシゴト服ずかん」の開発に至った。

グラフ その他 仕事服についての意識調査

「仕事服についての意識調査」より。

スクリーンショット みんなのシゴト服ずかん

「みんなのシゴト服ずかん」で表示する内容には、1万2000名以上のビジネスパーソンに着用頻度の高い仕事服を調査した結果が反映されている。

「つながるシゴト服プロジェクト」の運営を担当する、青山商事 リブランディング推進室室長補佐 宇塚雄祐氏は、「『みんなのシゴト服ずかん』は、業界、職種、シーン、世代ごとにシゴト服の着用傾向を可視化した初のコンテンツです。働く方々の服装が多様化する中で、『何を着ればいいかわからない』といったシゴト服選びをデータをもとにサポートします」と話す。

今後はサイト内のアンケートフォームから多くのビジネスパーソンの声を集め、より精度の高い仕事服に関する情報を公開できるよう定期的にサイトのアップデートを予定しているという。

advertimes_endmark
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事