TBSラジオと考える、音声メディアのこれから

特集について

音声メディア・音声コンテンツに近年注目が集まっています。スマートスピーカーの登場や、SpotifyやApple Musicなどサブスクリプションモデルの音楽配信サービスの普及、ごく最近では米国発の音声SNS「Clubhouse」が話題です。

テレビやWeb動画など、ビジュアルをメインとしたメディアは情報伝達スピードや情報量の点で優れていることは言うまでもありません。では、今なぜ音声なのか。70年近い歴史を持つ、音声メディアの草分けであるTBSラジオは真剣に考えています。

ラジオも進化を遂げています。インターネット配信のradiko(ラジコ)は10年を経過し、若年層のリスナー拡大に貢献するとともに、様々なデータを提供できるようになりました。音声メディアが注目される今だからこそ、その可能性やTBSラジオの考えについてお伝えします。